Muscle

大頬骨筋(だいきょうこつきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

大頬骨筋は浅層の表情筋のひとつで、口筋のひとつにもなる筋です。
今回はこの大頬骨筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

大頬骨筋の起始・停止について

大頬骨筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:頬骨前面
  • 停止:口角結節

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

大頬骨筋は小頬骨筋の外側で頬骨弓の中央部外面、側頭頬骨縫合付近から起こり、前下方に走ります。

停止

大頬骨筋は口角に達し、一部は上下両唇に入ります。
文献によっては口輪筋、口角下制筋、口角挙筋に付着(停止)するとの見方もあります。

大頬骨筋の支配神経について

大頬骨筋の支配神経ですが…

顔面神経(頬骨枝)

…となります。

口輪筋への血液供給動脈について

口輪筋へ血液供給している動脈は…

顔面動脈

…となります。

大頬骨筋の主な働き

大頬骨筋は主に

口角を外上方に引き上げる
…機能を担います。

表情筋としての作用に働くことから、大頬骨筋小頬骨筋笑筋といった筋と共同して表情を作ります。

大頬骨筋を英語で何て言う?

zygomaticus major

大頬骨筋をラテン語で何て言う?

M.zygomaticus major

読み方・発音

ザイゴウマティカス メイジャ
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP