Rehab

読み上げ、ナレーター機能(Windows)とは? – 視覚障害や高齢者がパソコンを使いやすくするための方法として

 

こんにちわ、セラピストブロガーあいとう(@otpressinfo)です。

本を目で読むのではなく、耳で聴く…というAudiobookが徐々に普及しているように感じます。
いままでも視覚障害の方にはこういったサービスやコンテンツはあったのですが、それが一般化してきたという点でも見直すべきことかもしれません。

実はWindowsにはコンピュータアクセシビリティ機能として、テキストを人工音声が読んでくれるナレーター機能が標準で搭載されています。

そこで本記事では、この音声による読み上げ、ナレーター機能について解説します。

Windowsの“ナレーター」機能”とは?

専門用語になりますが、このテキストの音声出力、読み上げるナレーター機能は“スクリーンリーダー”とも呼ばれています。

この機能を使用することで…

  • 画面のテキストを読み上げてくれる
  • エラーやメッセージの表示を音声で教えてくれる

…といった画面の文字が見えにくい高齢者や視覚障害を持つ方にとって、パソコンを使いやすくするためのコンピュータアクセシビリティ機能の一つになります。

iPhoneの「ヘイ!Siri」とか、「OK,グーグル」みたいなやつですか?
あれは『音声入力』の機能だね。
スクリーンリーダーはあくまで画面に表示してある情報を音声で読み上げる「出力」の機能と言えるだろうね。

Windows7のナレーター機能について

ここではWindows7のナレーター機能について解説します。

起動方法

Windows7でのナレーター機能の起動方法ですが…

    [スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コンピュータの簡単操作]のフォルダ内にある[ナレータを有効にします]を選択

…となります。

Windows7のナレーター機能の注意点について

便利なナレーター機能ですが、次のような注意点があります。

  • 標準は英語のみ
  • Wordには対応していない
  • IEにも対応していない

以下に詳しく解説します。

標準は英語のみ

実はこのナレーター機能、OSがWindows7の場合は英語でしか読み上げてくれません
日本語音声へ変換するする場合は別に日本語音声合成エンジンを取り寄せてパソコンにインストールする必要がありますが、なにやら手間がかかりそうな方法です(泣)

ちなみにwindows7のナレーター機能については公式ですら「市販のスクリーンリーダーをお持ちの方は、そちらをお使いください。」ってアナウンスしてるからね(苦笑)

Wordには対応していない

Windows7のナレーター機能はMicrosoft Officeのソフトに対応していないという欠点もあります。
頻繁に使われるであろうWordやExcelにも使用できないのです。

まあ、英語での読み上げのみですからそこまで使用頻度が多くなることもないのでしょうけど…。

IEにも対応していない

Microsoftのブラウザである“Internet Explorer”にもwindows7のナレーター機能は未対応です。

*追記(2020.01.19)
IEに代わって新しく正式にリリースしたブラウザであるEdgeではまだ未検証です。

Windows8のナレーター機能について

このナレーター機能ですが、Windows8になってやっと標準に日本語が追加されています。

起動方法

Windows8でのナレーター機能の起動方法は以下の4通りになります。

  1. キーボードで [Windowsキー]を押しながら[Enter キー]を押す
  2. タブレット上で[Windows ロゴ ボタン]を押しながら音量を上げるボタンを押す
  3. サインイン画面で、左下隅にある [コンピューターの簡単操作][コンピューターの簡単操作] ボタンをタップorクリックして、[ナレーター] を選択
  4. 画面の右端からスワイプし、[設定]、[PC 設定の変更] の順にタップ

改善された点

ナレーター機能の日本語読み取りが標準になったWindows8ですが、その他改善された点としては…

  • Wordに対応
  • Excelにも対応
  • IEにも対応

…があげられます。
以下にそれぞれ解説します。

Wordに対応

Windows7では対応していなかったWordにも、ナレーター機能が対応となりました。
わざわざ『メモ帳』を経由する必要もないんです。

Excelにも対応

もちろんエクセルにも対応しています。
ただエクセルで改行するときの[Alt]+[Enter]を間違えて[Windowsキー]+[Enter]を押してしまい、「パソコンが急にしゃべりだした!」とびっくりする人が多いようです(苦笑)

IEにも対応

インターネットブラウザであるIEにも、Windows8から対応したようです。
これで視覚障害の人も音声によってインターネットを楽しむことができます。

知っていると便利なナレータ機能

視覚障害の人にとっては音声出力の機能はかなり有効なサポート機能といえます。
ただし実際に使いやすくなるのはWindows8以降のOSが前提と言えるかもしれません。

まとめ

本記事では、Windowsのコンピュータアクセシビリティ機能であるナレータ機能について解説しました。

<

div class=”matome-box1″>ナレータ機能とは…

  • テキストの音声を読み上げてくれる機能
  • Windowsのコンピュータアクセシビリティ機能のためコストが無料で利用できる
  • Windows7までは英語のみだったりとやや使いにくい
  • 日本語対応やWordなどに対応したのがWindows8以降

アイアムアセラピスト!

特に視覚障害でない人もWindows8以降のナレーター機能を使えば、
“オーディオブック”のように使えるって裏ワザをしている人もいるみたいだね!
なるほど!それは便利かもしれませんね!
視覚障害者のための音声パソコン入門 (バリアフリーITマニュアル)

視覚障害者のための音声パソコン入門 (バリアフリーITマニュアル)

井尾 真知子
19,856円(01/23 08:25時点)
発売日: 2004/08/01
Amazonの情報を掲載しています
 

関連記事

  1. 突発性難聴 – 症状・原因・治療方法とうつ病やストレ…
  2. 髭剃り動作の工程分析・動作分析について
  3. 車いすで世界一周を行っている旅人Miyoさんにインタビュー取材し…
  4. 高齢者の一過性の尿失禁を招く8つの原因について
  5. AMPSを実施することにおける11のメリットと4つのデメリットに…
  6. 耳鳴り – 定義・症状・原因や改善方法について
  7. FIM移乗(ベッド・イス・車いす)における項目や具体例、採点方法…
  8. アイデンテイテイ・クライシス – 特徴・症状や徴候・…

ピックアップ記事

OTPRESS ch

Sponsored Link

PAGE TOP