Muscle

外側広筋(がいそくこうきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

外側広筋は大腿部の筋肉で、前区画の中で最も大きく、最も外側にある大腿四頭筋です。
今回はこの外側広筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

外側広筋の起始・停止について

外側広筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:大転子、粗線の上外側面
  • 停止:膝蓋骨(大腿四頭筋腱を通る)

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

外側広筋は大転子の基部、殿筋粗面、大腿骨粗線の外側唇と、外側大腿筋間中隔から起こり下内方に走ります。

停止

大腿四頭筋のお共同の腱は大腿前面の正中線を下行し、膝蓋骨の底と両足縁につき、これを介して(一部は膝蓋骨の前面を超えて)膝蓋靭帯となり、脛骨粗面に停止します。
また、腱の両側の線維の一部は内側および外側膝蓋支帯となって脛骨粗面の両側へ付着します。

外側広筋の支配神経について

外側広筋の支配神経ですが…

大腿神経(L2~L4)

…となります。

外側広筋への血液供給動脈について

外側広筋へ血液供給する動脈ですが…

外側大腿回旋動脈

…があげられます。

外側広筋の主な働き

外側広筋は主に、

膝関節の伸展
…の作用に働きます。

外側広筋を含む大腿四頭筋は全体として膝関節を伸ばす働きに作用します。下腿を固定すれば大腿を起立させます。
拮抗作用(股関節屈曲)に働く筋としては、大腿直筋があげられます。

外側広筋を英語で何て言う?

Vastus lateralis muscle

外側広筋をラテン語で何て言う?

M.vastus lateralis

読み方・発音

ヴァスタス・ラテラリス
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP