高次脳機能障害

半側空間無視の定義や症状とリハビリ(検査・評価方法、治療方法)について!

 

脳卒中といった脳血管障害が原因での高次脳機能障害の一つである“半側空間無視”ですが、作業療法士が関わる機会は非常に多い症状の1つと言えます。
今回、この半側空間無視の定義や症状、そしてリハビリテーションとしての介入方法についてまとめてみました!

半側空間無視の定義について


半側空間無視とは大脳半球病巣と反対側の刺激に対して発見したり、報告したり、反応したりその方向を向いたりすることが障害される病態。

…と定義されます。
半側空間無視は急性期を除けば右半球損傷後に生じる左無視がほとんどです。

半側空間無視の特徴について

半側空間無視の特徴としては、

・基本的に頭部や視線の動きの制限がない状況下で生じる
・視覚モダリティに限らず感覚性入力とまれに運動を伴う出力(反応)との密接な関係における右方向への反応傾向
・クライアント自身はその病態に関して無関心
…といったことがあげられます。

半側空間無視の半盲とはどこが違う?

結論から言って、半側空間無視と半盲の症状は全く異なります。
半盲は視野の認識不全という“視野障害”になるのに対し、半側空間無視の視野は完全に保たれている点で異なります。

半側空間無視の場合

半側空間無視の場合は、周囲の刺激を排除した静かな環境下で視野の左側で指を動かす…といった動的刺激を提示すると気付くことが多いのに、
視野の左右で同時に刺激を提示すると右側のものしか認識しなくなります(視覚消去減少)。
そして眼や頭部を自由に動かして見渡す用に指示したとしても、左側空間を見ようともしないのが特徴です。

半盲の場合

一方、半盲の場合は、左側が見えないことクライアント自身気づいていたり、認識していて、左側に眼や頭部を大きく動かして対象を視野に入れようとする代償行為が観察されます。

次のページ:半側空間無視の症状、病態について

ページ:

1

2 3 4
 

おすすめ記事

大人の塗り絵がもたらす脳科学と心理的効果と、行う際の注意点について! 脳卒中の復職が促進される4つの要因について 塗り絵は片麻痺のリハビリ治療効果も期待できる?イラストレーター“門馬朝久”さんの事例 ダイエット効果の高い3つの体幹筋トレーニング方法とその注意点について! 健康関連QOLの4つの評価方法と各領域項目について

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP