Googleアナリティクスのユーザーサマリー解説

Blog運営

Googleアナリティクスを使い、いざ自分のブログのアクセス解析を行おうとしても、どこのデータを見ればいのか、どのように見ればよいのかはっきりわからない場合があります。
正直、僕自身数字を見ることが苦手なこともありアナリティクスも「なんとなく」確認する程度でしっかりと理解はしていませんでした。

でも、本格的にブログを運営するとなると、Googleアナリティクスによるアクセス解析は避けては通れないものになります。
そこで本記事では、アナリティクスの根幹とも言える“ユーザ-サマリー”について勉強しつつ、解説します!

ユーザーサマリーとは?

“ユーザーサマリー”とはGoogleアナリティクスのメニューの項目のひとつです。
Googleアナリティクスでアクセス解析を行う際の最も基本的な項目とも言えます。

ユーザーサマリーでできること

ユーザーサマリーでできることを端的に言えば…

  • ブログの集客状況を知ることができる
  • 全体のユーザー像を把握することができる

…などがあげられます。

ユーザーサマリーはどこに表示されている?

Googleアナリティクスでユーザーサマリーのページを閲覧する場合の入り口としては…

  • 左側ナビゲーション「オーディエンス」 > 概要
  • Googleアナリティクスホーム > ユーザーサマリー

…の2つがあげられます。

ユーザーサマリーの各項目

ユーザーサマリーではブログに訪問したユーザーについての様々な情報を得る事ができます。
その項目としては次のとおりになります。

  • ユーザー
  • 新規ユーザー
  • セッション
  • ユーザーあたりのセッション
  • ページビュー数
  • ページ/セッション
  • 平均セッション時間
  • 直帰率

以下にそれぞれ詳しく解説します。

ユーザー


Googleアナリティクスにおけるユーザーとは…

期間中に1回以上のセッションを開始したユーザー数

…と定義されます。

端的に言ってしまえば、ブログを訪問した正味の人数になります。

この場合、測定に“クッキー”と呼ばれるシステムを使用していますので、あくまでクッキーで判断されるユーザーの数になります。

Googleアナリティクス以外のツールでは、ユニークユーザー数、ユニークビジター数、ユニーク訪問者数と呼ばれる場合もあります!

新規ユーザー


Googleアナリティクスにおいての“新規ユーザー”とは…

指定した期間中の初回ユーザーの人数

…になります。

つまり、新しくブログを訪問したユーザー数ということです。

ちなみに、その期間についてですが、過去2年以内にサイトを訪問したことのないユーザーを“新規ユーザー”とするようです。

セッション


Googleアナリティクスにおける“セッション”では…

期間中の合計セッション数

…を表しています。
このセッションとは、ユーザーがウェブサイトやアプリに積極的に関わっている期間を指す…とあります。

つまり、あるユーザーがページを見はじめてから、他の様々なページを閲覧し、外部サイトへ離脱するまでの行動を表す単位としてセッションが用いられています。

まあ、端的に言えば、ユーザーがブログを訪問した回数…と解釈してよいかと思います。

ちなみに30分ごとにカウントされるため、同じユーザーが30分間で何度か訪問したとしてもカウントは1になるようです。

ユーザーあたりのセッション


Googleアナリティクスにおける“ユーザーあたりのセッション”とは、まあ、そのままですが…

ユーザー1人あたりの平均セッション数

…を表します。

その期間中、1ユーザーがブログ内のぺージを閲覧した数…と解釈できます。

つまり次の式で計算されます。

ユーザーあたりのセッション数=セッション/ユーザー

画像のデータから考えると…

763/694=1.09942363

つまり、約1.10になります。

ページビュー数


…あ、そのままの意味です。

閲覧されたページの合計数

…になります。

ただし、同じページが繰り返し表示された場合も集計されてしまうようです。

ページ/セッション


ページビュー数をセッション数で割った数ですので…

セッション中に表示された平均ページ数

…を表します!

これも同じページが繰り返し表示された場合も集計されます。

画像のデータから考えると…

1778/763=2.33027523

…つまりや約2.33です。

平均セッション時間


これもそのままです。

セッションの平均時間

…つまり、ユーザーが1回の訪問につき、ブログに滞在した時間になります。

直帰率


Googleアナリティクスをはじめ、SEOでの“直帰率”とは…

1ページのみのセッションのパーセント数

…を表します。

つまり、ブログを訪問してぺージ開いたけどそのページから離脱した割合…と解釈できます。

New Visitor


“New Visitor”とは新規セッションを表します。

Googleアナリティクスの解析システム上、過去2年以内にサイトを訪問したことのないユーザーが対象になります。

Returning Visitor


その逆に、“Returning Visitor”はリピーターのセッションを表します。

こちらも、過去2年以内にサイトを訪問したことのあるユーザーが対象になります。

例えばだけど、
過去に一度もブログを訪問したことがないユーザーが、ある日の午前に訪問し、同じ日の午後にも訪問したとすると…
その日のNew Visitorは1、Returning Visitorも1となるんだ!

ユーザー層

ユーザーサマリーでは、ブログへの訪問者のステータスについてもデータとしてみることができます。

項目としては…

  • 言語
  • 市区町村

…にわけられます。
以下に詳しく解説します。

言語


ブログへ訪問したユーザーの使用している言語についてのデータです。


ブログへ訪問したユーザーはどの国からアクセスしてきたのか?についてのデータです。

市区町村


ブログに訪問したユーザーは、どの市区町村からアクセスしてきたのか?についてのデータです。

システム


Googleアナリティクスではブログに訪問したユーザーがどのようなウェブブラウジングのシステムを使用したかについてもデータを得ることができます。

項目としては…

  • ブラウザ
  • オペレーティングシステム
  • サービスプロバイダ

…があげられます。

ブラウザ


ユーザーはどのインターネットブラウザを使用してブログを閲覧したか?について知ることができます。

オペレーティングシステム


ブログに訪問したユーザーがどのようなOSを使用しているのか?について知ることができます。

サービスプロバイダ


ユーザーが使用しているサービスプロバイダについて知ることができます。

モバイル

“システム”の項目はあくまでブログを閲覧したシステム全体を示していましたが、この“モバイル”の項目では、スマートフォンなどのモバイルに特化したデータを得ることができます。

項目としては…

  • オペレーティングシステム
  • サービスプロバイダ
  • 画面の解像度

…があげられます。

オペレーティングシステム


ブログにモバイルで訪問したユーザーが使用したOSについてのデータを得ることができます。

サービスプロバイダ


モバイルを使用したユーザーが使用しているサービスプロバイダについて知ることができます。

画面の解像度


ユーザーが使用しているモバイルの画面の解像度についてのデータを得ることができます。

まとめ

Googleアナリティクスのユーザーサマリーのデータをしっかりと把握することは、アクセス解析の一つと言えます。
それぞれの項目がどのような意味を持つのかをまず知ることが、その一歩とも言えます!

モバイルファーストを謳っているGoogleだからこそ、
スマホでのユーザーのデータ解析も重要でしょうね!
自分のブログがどのユーザーに訪問されているか?って視点は
ブログ運営を一つのサービス業としても捉えることができるって思うよ!
いちばんやさしい Googleアナリティクス 入門教室

いちばんやさしい Googleアナリティクス 入門教室

小川 卓, 工藤 麻里
2,487円(04/10 22:03時点)
発売日: 2019/04/26
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました