Muscle

上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

上腕三頭筋は、その名前の通り内側頭、外側頭、長頭の3つに分かれている大きな筋で、上腕二頭筋とは拮抗する作用に働きます。
今回はこの上腕三頭筋について、その起始、停止や支配神経、基本的な働きやトレーニング方法などについて解説します。

上腕三頭筋の起始・停止について

上腕三頭筋の起始・停止は…

  • 起始:上腕骨橈骨神経溝上内側(内側頭)、上腕骨橈骨神経溝上外側(外側頭)、肩甲骨関節下結節(長頭)
  • 停止:尺骨肘頭

…となります。

上腕三頭筋の起始、停止については…

  • 内側頭
  • 外側頭
  • 長頭

…の3つの部位別に以下に解説します。

内側頭の起始・停止について

上腕三頭筋の内側頭は、上腕骨後面と両側の筋間中隔から広く起こり、羽状に集まって幅の広い腱板を作ります。
その腱板は関節包と癒着をし、尺骨の肘頭に付着(停止)します。

外側頭の起始・停止について

上腕三頭筋の外側頭は、扁平板状で上腕骨の橈骨神経機溝の上方に接して線状に起こり、腱板の上端と外側縁につきます。
この腱板は内側頭同様、関節包と癒着して尺骨の肘頭に停止します。

長頭の起始・停止について

上腕三頭筋の長頭は、肩甲骨の関節下結節から起こり、大円筋と小円筋との間を下り、腱板の内側縁に付着します。
内側頭、外側頭と同様、この腱板は関節包と癒着して尺骨の肘頭に停止します。

上腕三頭筋の支配神経について

上腕三頭筋の支配神経は…

橈骨神経(C6~C8)

…となります。

上腕二頭筋への血液供給動脈について

上腕二頭筋へ血液供給している主な動脈は…

上腕深動脈

…になります。

上腕三頭筋の主な働き

上腕三頭筋の働きは、

①前腕の伸展
②上腕の内転(長頭)
…となります。

上腕三頭筋は前腕…つまり肘関節をのばすのが主な働きです。

肘を伸ばすとき、まず働くのは内側頭で、十分にのばすのには外側頭と長頭の働きが加わります。

なお長頭には上腕を内転する働きもありますが、あくまで補助的と言われています。

上腕三頭筋が働く場面って?

上腕三頭筋が働く具体的な場面についてですが、日常生活(ADL)とスポーツ場面において以下に解説します。

ADL

・ドアを手で押して開ける時
・物を投げる時
・物を頭上に押し上げる時
・肘を伸ばして押し出す時

スポーツ

・砲丸投げ・やり投げの投てき
・アメリカンフットボールで相手を押す動作

上腕三頭筋のトレーニング方法について

上腕三頭筋も上腕二頭筋同様、その分かれている筋腹に合わせた方法を取らなければなりません。
鍛え方としては、長頭と短頭(内側頭、外側頭)とに分けて行います。

上腕二頭筋全体

・プッシュアップ
・ダンベルトライセプスプレス

長頭

・ベンチディップス
・チューブトライセプスエクステンション
・ダンベルキックバック
・オーバーヘッドフレンチプレス

短頭(内側頭、外側頭)

・パイクプッシュアップ
・チューブトライセプスプレスダウン
・ライイングフレンチプレス

上腕三頭筋を英語で何と言う?

Triceps brachii muscle

上腕三頭筋をラテン語で何と言う?

M.triceps brachii

読み方

トライセップス・ブレイキー
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP