ADL

尿失禁に対しての治療ってどのような方法があるのか調べてみました!

 

尿失禁に対しての治療的な介入といっても、いまひとつ明確な手段が確立していないような印象を受けます。
そこで今回は尿失禁に対しての治療をガイドラインを基に考えてみます。

ガイドラインからみる尿失禁に対しての治療方法

結論から言えばい、尿失禁に対しての治療方法としては以下のようなものがあげられます。

①生活指導
②膀胱訓練法
③下部尿路リハビリテーション
④薬物治療
⑤膣内装具
⑥外科的治療
⑦その他

以下にそれぞれ詳細に説明します!

①生活指導

尿失禁に対しての生活指導は、当然ながら指導を受ける側であるクライアントの尿失禁の種類によって多少変わってきます。
腹圧性尿失禁の場合は比較的生活習慣においての危険因子(肥満、便秘、飲水過多)に由来するものが多いのでその危険因子に対しての指導、
また切迫性尿失禁の場合は、早めにトイレに行く習慣化であったり、スピーディーに着脱できるように着衣の工夫をする、トイレ環境の整備といった一般的な指導が行われます。

高齢者には“行動療法”も必要

一方、認知症や身体障害が背景にある高齢者の尿失禁の場合は、生活習慣や環境整備だけでは不十分な場合が多いケースがほとんどのようです。
尿意や排尿間隔、排尿動作といったものを評価し、時間排尿誘導や排尿訓練などの“行動療法”によって対応します。

パッドやおむつは補助的手段

ここで重要なのは、尿パッドやおむつの使用はあくまでも“補助的”なものとして扱うということです。
特に高齢者における安易なおむつや尿道留置カテーテルの使用は、尿失禁に対しての治療機会の喪失だけでなく、
QOLの低下、寝たきりの誘発につながるので、適応については慎重に検討する必要があります。

②膀胱訓練法

“膀胱訓練法”とは、排尿間隔を少しずつ延長することで膀胱容量を増加させる訓練法になります。
対象としては切迫性、混合性尿失禁のケースになります。
この膀胱訓練法の具体的な方法としては、まずクライアントに排尿機能、尿失禁、尿禁制のメカニズムについて説明をし、
膀胱訓練法の目的や狙いについて理解してもらいます。
その後、排尿計画を立てて、短時間から始めて少しずつ15~60分単位で排尿間隔を延長していき、最終的には2~3時間の排尿間隔が得られるように訓練を行います。

③下部尿路リハビリテーション

この下部尿路リハビリテーションの代表的なものとしては“骨盤底筋訓練法”があげられます。
“骨盤庭筋訓練法”は腹圧性尿失禁の軽症例では30~40%程度の消失率が報告されているため、治療方法としてはまず試みられるべき方法とされています。
加えてバイオフィードバック療法の併用によってより治療効果が向上するようです。

下部尿路リハの課題

しかし、この下部尿路リハビリテーションの普及率はまだまだ低いことが現実のようです。
というのも、この指導にはある程度のノウハウを要すること、専門的に指導できるコメディカルスタッフがいないこと、
説明や訓練に時間を要するということ、その割には診療報酬点数が未確定なこと…などが理由としてあげられます。

“骨盤底筋訓練法”が尿失禁に一定の効果を示すことは、パンフレットの配布などによって認知度としては高まったようですが、
実際に指導を受けないことには効果としては期待できません。

骨盤底電気刺激療法も有効

また、ここ最近骨盤底筋訓練法と同様の有効性が示されているものとして“骨盤底電気刺激療法”があげられます。
この骨盤底電気刺激療法は経皮的、経膣、経肛門的に骨盤底筋へ電気刺激を行うものであり、対象としては腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁のクライアントになります。

④薬物治療

尿失禁に対しての薬物治療もある程度の効果が期待できますが、その尿失禁の種類によって治療方法の中心となるか、補助的になるか変わってくるようです。

腹圧性尿失禁に対しての薬物療法

腹圧性尿失禁に対しては“交感神経α刺激薬(塩酸エフェドリン)”、“β刺激薬(塩酸クレンブテロール)”、“三環系抗うつ薬(塩酸イミプラミン)”などが選択肢としてあげられます。

また閉経後の助成腹圧性尿失禁のクライアントに対しては“エストロゲン補充療法”が行われることがあるようですが、有効性については不明のようです。

切迫性尿失禁に対しての薬物療法

一方、切迫性尿失禁に対しては薬物治療は中心的な治療方法として選択されます。
この場合“塩酸オキシブチニン”、“塩酸プロピベリン”といった抗コリン薬が用いられます。
また“三環系抗うつ薬(塩酸イミプラミン)”や“塩酸フラボキセート”が用いられることもあるようです。

しかし抗コリン薬を長期的に投与することで、口渇や便秘といった副作用が現れるため注意が必要です。

⑤膣内装具

尿失禁に対しての治療方法として、“膀胱頸部支持器(Bladder Neck Support Prosthesis)”や“尿道栓”といった治療用装具も開発されていて、効果としても一定の効果も報告されているようですが、
日本ではまだ広く使用されるには至っていないようです。

⑥外科的治療

尿失禁…特に腹圧性尿失禁に対して行われる外科的治療については、“膀胱頸部拳上術”や“膀胱頸部スリング術”、“尿道周囲コラーゲン注入療法”の3つが主なものとされています。
一方、切迫性尿失禁に対しては“膀胱拡大術”が行われる場合があるようですが、手術侵襲の大きさ、術後清潔間欠導尿の必要性などから最終的な治療方法として位置づけられるべきとされています。

⑦その他

溢流性尿失禁の場合ですが、基本的に尿排出が障害され、膀胱内に多量に尿が残ってしまうことによるものなので、治療は尿排出障害の改善になります。
症例として多い“前立腺肥大症”といった下部尿路閉塞による場合は薬物治療、もしくは外科的治療による閉塞の解除が必要になります。
また膀胱収縮障害の場合位は、清潔間欠導尿による排尿管理が必要になります。

まとめ

尿失禁と一言で言ってもその病態は様々であり、それによって治療方針も変化してきます。
当然のことですが、クライアントの尿失禁がどのような病態によるものか、どのような尿失禁の種類に位置するのかを明確にすることが大前提になってきます。
作業療法士として尿失禁という排泄のトラブルに関わる場合、できることは限られてきますが、トイレ環境整備も含め多角的な視点、アプローチが必要になってくると思います。

作業療法士は語りたい!

骨盤底訓練法はよく聞きますが、専門的に導入しているか?というと少し疑問ですね。
前述したようにある程度の知識、技術が必要なことに加えて、クライアント自身が習慣化しにくいこともあるかもしれないね!

参考サイト
EBMに基づく尿失禁診療ガイドライン

 

おすすめ記事

作業療法評価における重要な3つの手順について! 初期認知症診断にも!かなひろいテストの方法と解釈、カットオフ値について! 作業療法の定義が改定されて広がった作業療法の対象と可能性 作業療法の「作業」は意味がある+面白いものであるべきだと提案します!
老研式活動能力指標の特徴と目的、検査方法やカットオフ値について

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP