Muscle

僧帽筋(そうぼうきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

僧帽筋は、胸帯に作用する後胸部の筋肉で、頚部と肩の上部と後部を被っている扁平な三角形の筋になります。
今回はこの僧帽筋の起始、停止、働き、支配神経、トレーニング方法などについて解説します。

僧帽筋の起始・停止について

僧帽筋の起始・停止は…

  • 起始:後頭骨の上項線、外後頭隆起、項靭帯、Th1~Th12の棘突起および棘上靭帯
  • 停止:鎖骨外側1/3方、肩甲棘、肩峰

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

僧帽筋は、後頭骨上項線、外後頭隆起、項靭帯、第7頸椎以下全胸椎の棘突起および棘上靭帯から起こり、上部の筋束は斜めに外外方、中央部はほとんど水平に、下部は斜めに外上方へ走ります。
起始腱は第7頸椎の部分が最も広く、その上下は次第に狭く、左右の筋全体として菱形の腱鏡をつくるのが特徴になります。

停止

筋束は集中して肩甲骨の肩甲棘、肩峰の上縁および鎖骨外側1/2(三角筋の怒る範囲とほぼ同じ)に付着(停止)します。

僧帽筋の支配神経について

僧帽筋の支配神経ですが…

副神経と頸神経叢の筋枝(C2~C4)

…となります。

僧帽筋への血液供給動脈について

僧帽筋へ血液供給している主な動脈は…

頚横動脈

…となります。

僧帽筋の主な働き

僧帽筋の主な働きですが、

・肩甲帯の拳上‐下制
・肩甲骨の内転
・肩甲骨の上方回旋
…があげられます。

僧帽筋上部は肩甲骨と鎖骨の肩峰端を上内方にあげ、中部は肩甲骨を内側に引く作用に働きます。
下部は肩甲骨を内下方に引き下げると同時にその下角を外側に回します。

僧帽筋全体としては、肩甲骨と鎖骨の外側端を内後方に引き、肩甲骨の下角を外側に回す作用に働きます。

僧帽筋が働く場面って?

僧帽筋が働く具体的な場面についてですが、日常生活(ADL)とスポーツ場面において以下に解説します。

ADL

・物を持ち上げるときに肩をすくめる動き(僧帽筋上部繊維)
・腕を持ち上げる動きに対して僧帽筋全体が働いて三角筋を補助する

スポーツ

・柔道やレスリングで相手をひきつける動作
・ボートのオールを引く動作
・重量上げでバーベルを引き上げる動作
・アメリカンフットボールでタックルをする際の頭部の固定…

僧帽筋の拮抗筋

僧帽筋のトレーニング方法について

・チンニング(懸垂)
・ダンベルシュラッグ
・バーベルシュラッグ
・ダンベルショルダープレス
・アップライトローイング
・ベントオーバーローイング
・バーベルデットリフト
・バックプレス
・シーテッドローイング

僧帽筋を英語で何て言う?

Trapezius muscle

僧帽筋をラテン語で何て言う?

M.trapezius(M.cucullaris)

読み方

トゥラァピィーズィアス

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP