Muscle

腹横筋(ふくおうきん)

 
            腹横筋は、その線維が走行する方向からこの名前がつけられており、腹部の扁平筋肉の中で最も内側にあります。

今回はこの腹横筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します!

腹横筋の起始・停止


腹横筋の起始、停止についてですが、

起始:下位肋骨、鼠径靱帯、腸骨稜、胸腰筋膜
停止:腱膜(腹直筋鞘)
…となります。
以下に詳しく解説します。

腹横筋の起始について

腹横筋は、内腹斜筋に被われ、第7~12肋軟骨の内面、腰腱膜腸骨稜内唇鼡径靭帯の外側部から起こり、筋束は前方に横走し、やや扇状に広がって下部の筋束は前下に向かいます。

腹横筋の停止について

腹直筋鞘外縁よりやや離れて半月状の線を境として腱膜となり、弓状線から上では腹直筋鞘後葉に、下では前葉に入って白線に終わります。

腹横筋の神経支配

肋間神経、腸骨下腹神経、腸骨鼡径神経、陰部大腿神経(Th5~L2)

腹横筋への血液供給動脈について

・肋下動脈

腹横筋の主な働き

腹横筋は主に、

・下位肋骨を下方に引き、腹圧を高める
…作用に働きます。

腹斜筋とともに腹圧を高め、腹腔の容積を小さくし、腹腔および骨盤内臓を圧迫し、その内容の排出を促す…という機能を担います。
一方また横隔膜を押し上げて呼息にも作用します。

腹横筋を英語で何て言う?

Transversus abdominis muscle

腹横筋をラテン語で何て言う?

M.transversus abdominis

読み方・発音

トランスヴァース アブドミナル
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP