生活習慣を変えるためのコツとは?【アドラー心理学から学んでみる】

Thinking

こんにちわ、セラピストブロガーあいとう(@otpressinfo)です。

飲酒でも喫煙でも、運動や勉強でも、あらゆる“生活習慣”をすぐに変える事ってなかなか難しいです。
単純に根性論だけでは一時は変わったとしても、それを継続するとなるとちょっとしたコツが必要になってきます。

そこで今回はアドラー心理学より学ぶ“生活習慣を変えるためのコツ”について解説します。

習慣を変えるには?

まずはじめに“習慣は必ず変えることができる”ということを理解する必要があります。

そもそもこの“習慣”とはどのようなものなのでしょうか?

習慣の意味を考えると以下のような文言で整理することができます。

習慣とは、繰り返してきたことによって形成された、パターン化された考えや感情に基づいた行動、性格

アドラー心理学においては、この行動、性格に“信念”の意味を加えて“ライフスタイル”と呼んでいます。

悪いパターン化から脱却するためには?

この悪いパターン化した習慣を修正するには、「でも」と「だから」から考える必要があります。

  • 「寝る前にお酒を飲まないようにしたい…でも飲みたい」
  • 「寝る前にお酒を飲まないようにしたい…だから飲まない」

つまり悪いパターン化した習慣を変えるプロセスとしては…

  • 習慣を自覚する
  • 「でも・・・」を自覚
  • 「だから・・・」を意識

というように考えることが、習慣を変えることの一歩になります。
「強い意志」だけでは一時的に変えることができてもすぐにまた楽な方へ戻ってしまいがちです。

この考え方のプロセスすら習慣化することで、自身の行動を継続的に変える事ができます。

習慣づけも結局は継続力

ものごとを続ける力…つまり「継続力」というテーマでいくつか記事も執筆していますが、要約するとこの継続力が低い人は多くの場合「結果」のみにフォーカスを当てている場合が当てはまります。
結果にだけ注目すると、なかなかすぐに結果に結びつかない習慣(ダイエットや勉強)は「こんなにがんばっているのに結果がでない」→やめちゃおう…のプロセスを辿りがちです。

しかし結果ではなくその「行動」そのものに注目することで「今日は1時間ウォーキングした。」「2時間勉強した。」と結果に結びつく行動を優先的に考えるため、継続しやすくなります。

「そんなことくらいで変わるわけがない!」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、「こんなこと」くらいで習慣は変えることができるんです!

習慣づけも継続力もPDCA

結局のところ、習慣づけも継続力もPDCAサイクルで成り立つことになるのかと思います。

  • P:Plan(計画)
  • D:Do(実行)
  • C:Check(評価)
  • A:Act(改善)

いくら行動にフォーカスを当てることがコツとはいえ、その行動が結果につながるものでなければ全くもって非効率的な努力になってしまいます。
その“行動”が結果につながるように“計画”し、度々でも結果に繋がっているかどうかの“評価”的な視点も忘れないようにし、少しずつ“改善”を加えていく必要があります。

行動にフォーカスすることが大事であって、行動だけすればよいのではないんですね!

まとめ

多くの場合、生活習慣を変えることって結構難しいことです。
ましてや何かしらの障害を持っている場合はストレス耐性の低さや認知のズレ、歪み、過度なこだわりなどによってどうしてもすぐに変える事ができないのかもしれません。
クライアントの習慣を変えるコツとしては、①その習慣を自覚して、②「でも…」に続く行動を自覚し、その習慣を③「だから…」に変換するように意識するプロセスが重要になります。

そして支援する側としてはまず小さく“計画”し、結果ではなく“行動”にフォーカスをあて、それが非効率的にならないようにゆるやかな“評価”と“改善”を加えていく…のが理想と言えるでしょうね!

生活を再建するという意味では、作業療法士はこの生活習慣を変えるってアプローチの手法は知っておくべきかもね!
精神障害の領域はもちろん、どの領域にも必要なことでしょうからね!
タイトルとURLをコピーしました