Muscle

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

大腿筋膜張筋は股関節の外側筋で、股関節、膝関節の固定の補助に作用する重要な筋になります。
今回はこの大腿筋膜張筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きなどについて解説します。

大腿筋膜張筋の起始・停止について

大腿筋膜張筋の起始、停止ですが…

  • 起始:上前腸骨棘
  • 停止:腸脛靱帯

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

大腿筋膜張筋は、大腿筋膜に包まれた平たく長い筋になります。
起始についてですが、中臀筋の前方で上前腸骨棘と大腿筋膜の内面から起こり、大転子の前方をへて腸脛靭帯に移ります。

停止

腸脛靭帯は大腿の外側を下り、膝関節の外側で内前方に向かい、脛骨外側顆の前面の粗面に付着(停止)します。

大腿筋膜張筋の支配神経について

大腿筋膜張筋の支配神経については…

上臀神経(L4-S1)

…になります。

大腿筋膜張筋への血液供給動脈について

大腿筋膜張筋へ血液供給している動脈は…

  • 外側大腿回旋動脈
  • 上臀動脈

大腿筋膜張筋の主な働き

大腿筋膜張筋の主な働きですが、

・股関節の屈曲
・股関節の内旋
・股関節の外転
…といったものがあげられます。

つまり、大腿を前方に上げかつ内旋する作用、また大腿筋膜とくに腸脛靭帯を介して、のばした下腿を固定する補助の作用(伸展作用)に働きます。

大腿筋膜張筋を英語で何て言う?

Tensor fasciae latae muscle

大腿筋膜張筋をラテン語で何て言う?

M.tensor fasciae latae

読み方・発音

テンサー ファシィ ラティ
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP