Windows

  1. マウスが使えない?テンキーをマウスとして使うマウスキー機能について

    クライアントによっては上肢の機能障害によって“マウス操作は難しいけどキーボードでのキー入力は可能”という場合があります。 そういった時は「テンキー」をマウスの代わりに使用できるアクセシビリティ機能「マウスキー」が有効かもしれません!

  2. 作業療法士が覚えておきたいパソコンのショートカットキーまとめ

    作業療法士がパソコン操作の方法を理解することって、クライアントの就労支援や自己実現への介入につなげられると思っています。 スマホがいくら便利になったからといっても、やっぱりパソコンでしかできない機能もたくさんありますからね。 そこで今回は作業療法士が覚えておきたいパソコンのショートカットキーについて解説します。

  3. ドラッグ操作が難しいならクリックロックを使うべし!

    上肢、手指の機能障害の程度によってはマウスによるドラッグ操作(クリックボタンを押しっぱなしにしてマウスを移動する)って難しい場合があります。 就労支援におけるパソコンによる事務作業を行う場合の一つの課題かもしれません。 そんな時は“クリックロック”と呼ばれる機能が有効かもしれませんよ!

  4. マウスのダブルクリックができない?解決方法は「速度の設定」!!

    脳卒中による片麻痺で痙性亢進の状態や非麻痺側上肢でも筋緊張が高い状態の人は、マウス操作のダブルクリックも非常に難しい場合があります。 あの「トントン」という連続した動作って障害によっては難しい動作です。 そんな時はこのダブルクリックの速度設定によって解決できるかもしれません。

  5. 片麻痺だけでなく腱鞘炎にも?マウスボタンを左右交換するとメリットだらけな件

    意外に知られていないのですが、マウスのボタンって左右交換できるんですよ! 片麻痺や指の欠損といった場合どうしてもマウスの操作、クリック操作に制限ができてしまいますが、マウスのクリックボタンの左右を交換設定すると解決する場合があります。 また、パソコン操作を仕事にしている人の腱鞘炎対策にも効果的なので、今回まとめてみました!

  6. 不随意運動や失調症状が強い場合は、マウスポインタの速度調整で解決!

  7. Windowsの音声操作は重度身体障害者に応用できるんじゃないか?って話

  8. 上肢機能障害でもパソコン操作が可能に!スクリーンキーボードについて

  9. 不随意運動でうまくタイピングできない時にはWindowsのフィルタキーがおすすめ!

  10. 2つのキーを同時に押すことが難しい時は、固定キー機能がおすすめ!

Sponsored Link
PAGE TOP