高次脳機能評価

  1. BADSの特徴や目的、方法や点数、カットオフ値について

    前頭葉の損傷で起こりやすい高次脳機能障害の1つに遂行機能障害があります。今回はこの遂行機能障害への神経心理学検査であるBADS(Behavioural Assessment of the Dysexecutive Syndrome)の特徴…

  2. ロンドン塔課題の目的や対象、方法について

    前頭葉の機能である遂行機能を検査する方法として、“ロンドン塔課題(Tower of London T…

  3. 前頭葉の機能検査のための“Verbal Fluency Test(言語流暢性課題)”について

    前頭葉の検査でも、比較的古くからあるものとして“Verbal Fluency Test(言語流暢性課…

  4. ストループ効果とストループテストの目的、やり方について

    色名語とそれが書かれた色名が異なる色名語を答えるというストループテスト(stroop test)です…

  5. リバーミード行動記憶検査(RBMT)の検査項目や方法、平均点やカットオフ値について

    高次脳機能障害でも特に記憶障害に対しての検査として有名なものにRBMT(リバーミード行動記憶検査)が…

  6. AMM(audio motor method)による注意障害検査の特徴や方法、平均値などについて

  7. 標準高次動作性検査(SPTA)の検査項目や検査方法、点数算出や結果解釈について

  8. 標準高次視知覚検査(VPTA)の対象や方法、検査項目について

  9. コース立方体組み合わせテスト

    コース立方体組み合わせテスト – 特徴・目的・検査方法・注意点・カットオフ値について

  10. 三宅式記銘検査のやり方や教示方法、点数平均、カットオフ値について!

Sponsored Link
PAGE TOP