就労支援

  1. ストレングスモデルとは

    ストレングスモデルとは? – 概要・メリット・種類などについて

    「できないこと」「苦手なこと」を解決しようとするアプローチだと、本来その人が持っている強みを活かしきれない場合が多くあります。 本記事では、就労支援において本人の強みや環境に注目することを前提としたアプローチである“ストレングスモデル”について解説します。

  2. ワークパーソナリティとは

    ワークパーソナリティとは? – 個人特性の階層構造と就労支援の課題抽出について

    障害を持つ人の就労支援を行う際、その個人が持つ特性を把握し課題抽出をしていく必要があります。 本記事ではこの課題抽出をスムーズにし、段階的、階層的に把握するために利用できる『個人特性の階層構造』について解説します。

  3. IPSとは?

    IPS(個別就労支援プログラム)とは? – 特徴・目的・原則について

    就労支援のプログラムにおいて、現在主流なものはIPS(個別就労支援プログラム)と呼ばれるものになります。 本記事ではこのIPSについて解説します。

  4. place-then-trainモデルとは?

    place-then-trainモデルとは? – 就労支援のモデルとしてのトップダウンアプローチについて

    就労支援を行う際、トップダウンの方法が有効とされています。 これは“place-then-trainモデル”と呼ばれています。 本記事ではこの“place-then-trainモデル”について解説します。

  5. リカバリーモデルとは?

    リカバリーモデルとは? – 定義・特徴・目的・構成している4つの要素と必要な10の指針

    “リカバリーモデル”はここ10年で精神医療、メンタルヘルスケアの標準モデルになりつつあります。 本記事では、クライアント中心のアプローチでもある“リカバリー”について解説します。

  6. モデリング法とは?

    モデリング法とは? – メリットとデメリット・順行性、逆行性チェイニング・シェイピングについて

  7. システマティックインストラクションとは? – “覚えが悪い”とされる相手への“教え方”を考える

  8. うつ病で休職中の人が復職するためのプロセス【リワークプログラム】

  9. 統合失調症でも仕事をしたい

    統合失調症でも仕事がしたい!-おすすめ就労支援について

  10. 職業リハの作業療法プログラム – 就労、復職支援を行うためのプロセスについて

Sponsored Link
PAGE TOP