障害受容

Thinking

障害受容とは? – キュブラーロス・フィンク・ションツ・コーンのモデルの違い

長い人生、様々な壁や障害にぶつかることはどんな人でもあります。 受験で失敗した、リストラや会社の倒産、失恋、大事な人の死… その種類も程度も様々ですが、生きていれば必ず訪れると思います。 それを乗り越えること=成長と捉えるのはわかりますが、場合によってはすぐに頭が切り替われないこともあります。 そこで本記事では、キュブラー・ロスの死の需要モデルを軸に障害受容について解説します。
Thinking

『全盲少年に任天堂、神対応』のニュースから障害受容の為の4つの背景を考える

数日前のネットのニュースにOTとしては興味深い記事がありました。 大手の企業の対応がすばらしいだけでなく、このニュースからは「障害受容」や「社会参加」といったものを始めいろいろと学ぶものがあったのです。
タイトルとURLをコピーしました