肩関節

  1. Jobe’s test(Empty can test) – 棘上筋テストの評価として

    棘上筋の筋力低下やインピンジメントの徒手的評価に“Jobe’s test”があげられます。 本記事ではJobe’s testの目的、検査方法、診断学的有用性について解説します。

  2. Neer’s test- 肩峰下インピンジメントの評価について

    肩峰下インピンジメントの徒手的評価の一つとして、Neer’s testがあげられます。 本記事ではNeer’s testの目的、検査方法、診断学的有用性について解説します。

  3. Hawkins-kennedy test- 肩峰下インピンジメントの評価について

    肩関節の障害でもある肩峰下インピンジメント。 この徒手的な検査、評価方法のひとつとして“Hawkins-Kennedy test(ホフキンズケネディーインピンジメントテスト)”があります。 本記事では、Hawkins-Kennedy testの目的や方法、診断学的有用性について解説します。

  4. O’Brien’s test(Active compression test)- 肩関節唇損傷(SLAP損傷)への徒手的検査方法について

    肩関節唇の損傷への徒手的な検査方法のひとつとして“O’Brien’s test”があげられます。 本記事では、このO’Brien’s testの目的や方法、診断学的有用性について解説します。

  5. Biceps load Ⅱ test(Kim Ⅱ test)- 肩関節唇損傷(SLAP損傷)への徒手的検査方法について

    肩関節唇の損傷への徒手的な検査方法のひとつとして“Biceps load Ⅱ test(Kim Ⅱ test)”があげられます。 本記事では、このBiceps load Ⅱ testの目的や方法、診断学的有用性について解説します。

  6. Relocation test(Fowler’s test)- 肩関節不安定性の評価・肩関節のインピンジメントの診断方法

Sponsored Link
PAGE TOP