ユニバーサルデザイン

  1. 環境制御装置(ECS)- 福祉用具や自助具としてのECSや、スマートスピーカー・家電コントローラーについて

    作業療法士はクライアントの生活障害を改善するために、“環境設定”というリハビリとしての介入も行います。 自助具や福祉用具だけでなく、“環境制御装置(ECS)”というものも知ることで非常に多くの作業活動を自立につなげることができます。 そこで今回はこの環境制御装置と、スマートスピーカー、スマート家電コントローラーについて解説します。

  2. “疾病”と“疾患”の違いについて

    臨床や現場で普段何気なく使っている“疾病(しっぺい)”と“疾患(しっかん)”という単語。 この語の違いって、明確に理解したうえで使っている人は少ないのかもしれません。 そこで今回は「疾病と疾患の違い」についてまとめました。

  3. 脊髄損傷の歯磨き動作・口腔ケアにおけるいくつかの問題点

    脊髄損傷のクライアントの生活を自立につなげるため、歯磨きをはじめとした口腔ケアにおける問題点とはどの…

  4. 義務化された“合理的配慮”を知ることは、自分たちにとってもメリットがあるんです。

    “合理的配慮”ってご存知ですか?これは法律で義務化されていることですが、調べていくと本当にごく当た…

  5. 作業療法士が障害者雇用を行う事業所(企業)に対してできることを考えた。

    障害者の雇用、就労の課題を考えるにあたっては、雇用される側である障害を持つクライアント側だけでなく、…

  6. ユニバーサルデザインについて

    ユニバーサルデザインについて – 7原則・例・バリアフリーとの違いについて

Sponsored Link
PAGE TOP