アドラー心理学

Thinking

セルフイメージ向上に繋がる5つの勇気付けの方法とは?【アドラー心理学から学んでみる】

障害の有無に関わらず「働きにくさ」を感じている人は多くの場合セルフイメージが低いことがあげられます。 この状態だといくら就労支援のプログラムを提供しても、効果的ではないですし、場合によっては支援側との関係性の悪化につながってしまうことも考えられます。 そこで今回は、クライアントのセルフイメージの向上とラポール形成のためにアドラー心理学の“他者への勇気づけ”という観点でまとめてみました。
Thinking

生活習慣を変えるためのコツとは?【アドラー心理学から学んでみる】

飲酒でも喫煙でも、運動や勉強でも、あらゆる“生活習慣”をすぐに変える事ってなかなか難しいです。 単純に根性論だけでは一時は変わったとしても、それを継続するとなるとちょっとしたコツが必要になってきます。 そこで今回はアドラー心理学より学ぶ“生活習慣を変えるためのコツ”について解説します。
Thinking

セルフイメージを高める支援もセラピストには求められているのでは?

セルフイメージって言葉、聞いたことがあるでしょうか? “自己評価”に意味としては近くなりますが、どうしても障害を持つ人はこのセルフイメージが低くなる傾向があります。 そこで今回は作業療法士をはじめとしたセラピストによる“セルフイメージを高める支援”について解説します。
Thinking

人間関係をよくするための14のポイントとは ?【アドラー人理学の対人関係の作法から学んでみる】

生活をしていく上で、範囲はどうであれ“対人関係”というものはつきまとってくる課題です。 逆に言えば、この対人関係の課題をクリアすることで、非常に“生きやすいさ”や“生活しやすさ”を得る事にもなります。 そこで本記事ではアドラー心理学を基に“対人関係の作法”から、人間関係を円滑にするポイントを解説します。
Thinking

人間関係での苦手意識をコントロールする6つのポイントとは?【アドラー心理学から学んでみる】

人間関係を円滑にするためにも、相手への苦手意識を上手にコントロールする必要があります。 とは言っても、そのコントロール方法…はいまいちピンとこないかもしれません。 そこで今回はこの“苦手意識”…特に人間関係においてのコントロール方法についてアドラー心理学と作業療法の観点から考えてみます。
Thinking

感情をコントロールするために必要な7つのこと【アドラー心理学から学んでみる】

人間関係を築いていく上で自分の感情をコントロールすることは非常に重要なスキルになってきます。 それも自分を殺し感情を押さえつけるといった方法ではなく、上手にコントロールすることが必要です。 今回は感情をコントロールするために必要な7つのこと、アドラー心理学の視点で考えてみました。
Thinking

スムーズな人間関係の構築術とは?【アドラー心理学から学んでみる】

それがクライアントでも同僚や上司でも、人間関係をムリなく築くことって難しいことなんだと思います。 でも見方を変えるだけで、非常に関係性の構築がスムーズになります。 今回はアドラー心理学から考える良好な人間関係を構築するいくつかのことについて解説します。
Thinking

人間関係の円滑化に役立つ“勇気づけ”とは?【アドラー心理学から学んでみる】

アドラー心理学を学ぶと、「勇気づけ」という言葉に出会います。 この勇気づけって考え方を知ると、人間関係の円滑化に関係してくるんです。 今回はこのアドラー心理学における“勇気づけ”について考えてみます。
Thinking

相手がどんな性格を知る“ライフスタイル”とは?【アドラー心理学から学んでみる】

作業療法の場面は多くの“人”で成り立っていますが、その人の性格の傾向を把握することは案外重要だったりします。 ただその性格も様々ですから全てを把握することは難しいかもしれません。 そこでアドラー心理学においてのライフスタイル形成について知っておくと、その性格の傾向について知ることができますので、役立つ知識になるんです!
Thinking

アドラー心理学の考え方とは?【臨床で役立つ思考術】

アドラー心理学から作業療法を考えると非常に臨床や現場で有効だということが分かっています。 それはクライアントとの関わり方にも、クライアントの目標設定にも、障害受容をどのように導き出すかにもリンクしてきますし、なにより作業療法士としての自身の技術としても役立つんですよ! 今回は臨床で役立つアドラー心理学の考え方について解説します!
タイトルとURLをコピーしました