Muscle

肩甲下筋(けんこうかきん)- 起始停止・

 

肩甲下筋は肩甲骨の肩甲下窩および肩の筋肉に分類される回旋筋腱板を占める三角形筋になります。
今回はこの肩甲下筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きやトレーニング方法などについて解説します。

肩甲下筋の起始・停止について

肩甲下筋の起始、停止は次のようになります。

  • 起始:肩甲下窩、肩甲骨肋骨面
  • 停止:上腕骨(小結節)・小結節稜

以下に詳しく解説します。

起始

肩甲下筋は、肩甲骨肋骨面肩甲下窩)と筋膜内面の広い部位を起始とします。
また、筋束は三角形に強く集まり、外方に向かいます。

停止

肩甲下筋の腱は、肩関節包と癒着しながら上腕骨前面の小結節小結節稜上端に付着(停止)します。

肩甲下筋の神経支配

肩甲下筋の支配神経は、

・肩甲下神経(C5・C6)
…になります。

肩甲下筋への血液供給動脈について

・肩甲下動脈

肩甲下筋の主な働き

肩甲下筋は主に、

・上腕骨頭の内旋
・上腕骨の前方変位防止
…に作用します。

肩甲下筋は主に上腕を内旋する作用に働くと同時に、わずかに内転の働きに作用します。

肩甲下筋のトレーニング方法

・インターナルローテーション
・インワードローテーション
・ダンベルバックレイズ
・ショルダーサークル

肩甲下筋を英語で何て言う?

Subscapularis muscle

肩甲下筋をラテン語で何て言う?

M.subscapularis

読み方

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP