Muscle

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

胸鎖乳突筋は外側の頸部筋で、2頭から起こり、脊柱および頭部の動作を担います。
今回は胸鎖乳突筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きなどについて解説します。

胸鎖乳突筋の起始・停止について

胸鎖乳突筋の起始、停止ですが…

  • 起始:胸骨柄前面上部(胸骨部)、鎖骨内側1/3の上縁と前面(鎖骨部)
  • 停止:乳様突起および後頭骨の上項線外側部

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

まず胸鎖乳突筋の起始は胸骨部、鎖骨部の2部からなります。
胸骨部は強い腱で胸骨柄前面上部から起こり、鎖骨部は鎖骨の胸骨端からから出て前者の後内側に入り、両頭合して強い筋腹を作り後上方に向かいます。

停止

乳様突起および後頭骨の上項線の外側部に付着(停止)します。

胸鎖乳突筋の支配神経について

胸鎖乳突筋の支配神経ですが…

副神経外枝と頚神経叢筋枝C2,C3

…となります。

胸鎖乳突筋への血液供給動脈について

胸鎖乳突筋へ血液供給している動脈ですが…

  • 後頭動脈
  • 上甲状腺動脈

胸鎖乳突筋の主な働き

胸鎖乳突筋の主な働きとしては、

・両側:顎を軽く上方に上げつつ後頭を前方に引く
・一側:頭を反対側に回し、かつ傾ける
・固定時:頭を固定してる時には、呼気筋として作用
…に作用します。

つまり、胸鎖乳突筋は、両側が同時に働く際はオトガイを上げて、後頭部を前下に引きます(首をすくめてあごを突き出すイメージ)。
片側のみ働けば頭を回しますが、このときオトガイが対側に向かって上り、頭は逆に同側に傾きます。

また強い呼吸の時に胸郭を拳上させ、吸息を助ける作用にも働きます。

胸鎖乳突筋を英語で何て言う?

Sternocleidomastoid

胸鎖乳突筋をラテン語で何て言う?

M.sternocleidomastoideus

読み方・発音

スターノクライドマストイド

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP