リハビリテーション評価

標準高次動作性検査(SPTA)の検査項目や検査方法、点数算出や結果解釈について

 

高次脳機能障害のなかでも、特に失行といった行為の障害を検査するのに最適なのが、標準高次動作性検査(standard performance test for apraxia :SPTA)になります。
今回はこのSPTAの検査項目や検査方法、点数算出や結果解釈についてまとめてみました!

目次

標準高次動作性検査(SPTA)とは?


標準高次動作性検査(standard performance test for apraxia :SPTA)は、高次脳機能障害による“行為の障害”が疑われる方に実施する検査です。
この行為の障害には麻痺、失調、異常運動といった運動障害、老化に伴う運動障害や知能障害、全般的精神障害や失効症との境界症状の状態把握にも有効とされています。
加えて、その行為を完了するまでの動作過程についても詳細に評価することができるようになっている検査です。

検査項目

SPTAの検査項目としては、

1.顔面動作
2.物品を使う顔面動作
3.上肢(片手)習慣的動作
4.上肢(片手)手指構成模倣
5.上肢(両手)客体のない動作
6.上肢(片手)連続的動作
7.上肢・着衣動作
8.上肢・物品を使う動作
9.上肢・系列的動作
10.下肢・物品を使う動作
11.上肢・描画(自発)
12.上肢・描画(模倣)
13.積木テスト
…の13項目で構成されています。

以下にそれぞれ詳細の下位検査項目について解説します。

1.顔面動作

この検査によって「口腔顔面失行」を評価することができます。

①舌を出す
②舌打ち
③咳

2.物品を使う顔面動作

この検査項目でも、「口腔顔面失行」を評価することができます。

・火を吹き消す

3.上肢(片手)慣習的動作

この検査では、「観念運動失行」を評価することができます。

①軍隊の敬礼(右)
②おいでおいで(右)
③じゃんけんのチョキ(右)
④軍隊の敬礼(左)
⑤おいでおいで(左)
⑥じゃんけんのチョキ(左)

4.上肢(片手)手指構成模倣

この検査でも、「観念運動失行」を評価することができます。

①ルリアのあご手
②ⅠⅢⅣ指輪(ring)
③ⅠⅤ指輪(ring)(移送)

5.上肢(両手)客体のない動作

この検査でも「観念運動失行」を評価することができます。

①8の字
②蝶
③グーパー交互テスト

6.上肢(片手)連続的動作

・ルリアの屈曲指輪と伸展こぶし

7.上肢・着衣動作

この検査では「着衣失行」を評価することができます。

・着る

8.上肢・物品を使う動作

(1)上肢・物品を使う動作(物品なし)

この検査では、「観念運動失行」を評価することができます。

①歯を磨くまね(右)
②髪をとかすまね(右)
③鋸で木を切るまね(右)
④金槌で釘を打つまね(右)
⑤歯を磨くまね(左)
⑥髪をとかすまね(左)
⑦鋸で木を切るまね(左)
⑧金槌で釘を打つまね(左)

(2)上肢・物品を使う動作(物品あり)

この検査では、「観念失行」を評価することができます。

①歯を磨く(右)
②櫛で髪をとかす(右)
③鋸で板を切る(右)
④金槌で釘を打つ(右)
⑤歯を磨く(左)
⑥櫛で髪をとかす(左)
⑦鋸で板を切る(左)
⑧金槌で釘を打つ(左)

9.上肢・系列的動作

この検査では、上肢の「観念失行」を評価することができます。

①お茶を入れて飲む
②ローソクに火をつける

10.下肢・物品を使う動作

この検査では、下肢による「観念失行」を評価することができます。

①ボールをける(右)
②ボールをける(左)

11.上肢・描画(自発)

この検査では、「構成失行」を評価することができます。

①三角をかく
②日の丸の旗をかく

12.上肢・描画(模倣)

この検査でも「構成失行」を評価することができます。


13.積木テスト

この検査でも「構成失行」を評価することができます。

スクリーニング・テスト用項目について

SPTAは基本的に13の検査項目から構成されていますが、スクリーニングテストとして行う場合は、

1.顔面動作

①舌を出す
②舌打ち
③咳

2.上肢(片手)手指構成模倣

①ルリアのあご手
②ⅠⅢⅣ指輪(ring)
③ⅠⅤ指輪(ring)(移送)

3.上肢・描画(模倣)




…の少ない検査項目で実施することができます。

使用道具

2.物品を使う顔面動作

・火を吹き消す
・ライターorローソク

7.上肢・着衣動作

・着る
・浴衣

8.(2)上肢・物品を使う動作(物品あり)

・歯を磨く:歯ブラシ
・櫛で髪をとかす:櫛
・鋸で板を切る:板、鋸
・金槌で釘を打つ:板に釘を半分打ったもの、金槌

9.上肢・系列的動作

・お茶を入れて飲む:茶づつ(中に茶が入っている)、茶、湯、きゅうす、茶碗
・ローソクに火をつける:マッチ、ローソク、ローソクたて

10.下肢・物品を使う動作

・ボールをける:ボール(直径12~15cm移乗のゴムまり、またはバレーボール、サッカーボールetc)

12.上肢・描画(模倣)

・図形の模倣:図版2枚

13.積木テスト

・立方体による構成:WAISの積木8個

実施時間

実施時間は約90分で、検査開始から終了までは原則2週間で行う必要があります。

評価基準

誤り得点

*麻痺や失語症による課題が未完了

2点:課題が完了できなかった
1点:課題は完了したが、その過程に移乗があった(拙劣、修正行為、遅延反応、動作の過少などを含む)
0点:正常な反応で課題を完了した

反応分類

(1)正反応(N:normal response)正常な反応
(2)錯行為(PP:parapraxis)狭義の錯行為や明らかに他の行為を理解される行為へのおきかえ
(3)無定形反応(AM:amorphous)何をしているかわからない反応、部分的行為も含む
(4)保続(PS:perseveration)前の課題の動作が次の課題を行うとき課題内容と関係なく繰り返される
(5)無反応(NR:no response)何も反応しない
(6)拙劣(CL:clumsy)拙劣ではあるが課題の行為ができる
(7)修正行為(CA:coduite d’approche)目的とする行為に対し試行錯誤が認められる
(8)開始の遅延(ID:initiatory delay)動作を始めるまでに、ためらいが見られ、遅れる。
(9)その他(O:others)上記に含まれない誤反応
*反応分類は該当する反応すべてをチェックするため重複しても問題ない

失語症と麻痺の影響

A:失語症との関連が想定される誤り
P:麻痺のための誤り、または麻痺が関与した判定困難な動作や行為
A・P:失語症と麻痺の合併が関与した誤り。またはそれらによる判定困難な動作や行為

注意点

SPTAを実施するにあたっての注意点としては…

・指示は正反応がえられるまで進める
・正常な反応が得られた場合にはその先の課題は正常な反応がえられるとみなし、省略して、その旨を記載する。

SPTAの結果解釈とプロフィール作成について

SPTAによる検査終了後、各検査結果を附属のプロフィル用紙に記入して整理し、解釈をします。
検査結果解釈の方法としては、

1.誤反応項目数
2.修正誤反応率の算出
によって行われます。

以下、それぞれの方法を解説します。

1.誤反応項目数

①各項目のそれぞれの指示様式の中で2点or1点の誤り得点のあった項目数をそれぞれ記入します。
*施行していない場合は“不明”と記入します。

②さらにその中でA(失語症)、P(麻痺)、A+P(失語症および麻痺)の影響のため誤反応となっている項目数をそれぞれ記入します。

2.修正誤反応率の算出

SPTAの検査を行う場合、その結果には対象疾患の症状(A,P,A+P)の影響が含まれている場合が多く、
純粋な高次動作性機能を検査するためには、これらの影響をできるだけ除外して考える必要があります。

そのため、以下の2通りの方法によって修正誤反応率を算出します。

①失語症、麻痺、失語症と麻痺の合併による影響がある場合の修正誤反応率

修正誤反応率%①=(a+b)-(c+d+e)/f-(c+d+e)×100%

a:誤り得点2と評価された項目数
b:誤り得点1と評価された項目数
c:誤り得点の原因が失語症によると判定された項目数
d:誤り得点の原因が麻痺によると判定された項目数
e:誤り得点の原因が失語症と麻痺の合併によると判定された項目数
f:全項目数

失語症の影響はとりのぞかず、麻痺の影響のみ取り除いた場合の修正誤反応率

修正誤反応率%②=(a+b)-(d+e)/f-(d+e)×100%

a:誤り得点2と評価された項目数
b:誤り得点1と評価された項目数
c:誤り得点の原因が失語症によると判定された項目数
d:誤り得点の原因が麻痺によると判定された項目数
e:誤り得点の原因が失語症と麻痺の合併によると判定された項目数
f:全項目数

*分母が0になった場合は修正誤反応率は計算できません。

また、SPTAプロフィール自動作成のソフトがあるのでそちらを使ってプロフィール作成を行うのがおすすめです!

SPTA結果の解釈と作業療法への応用

SPTAの結果から、その被験者が言語的な指示理解が良好なのか、もしくは模倣といった視覚的な指示理解が良好なのかといった情報を得ることができます。
また誤反応の頻度や現れ方を観察し、把握することは、被験者が日常生活を送る上でどのような問題化するのかを予測することができます。
これらの情報は、訓練としての作業療法プログラムに反映することができますし、生活指導や家族指導にも反映できますので、非常に重要な情報となります。

SPTAの診療報酬について

SPTAは診療報酬点数の対象検査であり、

区分:D285-3(操作と処理が極めて複雑なもの)
点数:450点
…となります。

まとめ

高次脳検査でも特に失行は非常に評価しづらく、家族にとっても理解しにくい障害であるようです。
SPTAで検査をすることで、被験者がどのような行動に問題を抱えているのか?
それが日常生活ではどのような問題になるのか?という点まで作業療法士はしっかりと評価し、介入する必要があると言えます。

作業療法士は語りたい!

SPTAで失行を検査し、点数化するだけでなく、
その被験者の実際の生活場面でどのように失行が影響を及ぼすのか?ってところまで介入することが必要なんですね!
SPTAはあくまで検査だからね!
本人や家族が求めているのは、その失行に対しての解決策ってことを忘れないようにしないといけないだろうね!
 

おすすめ記事

APDLとIADLの違いを考えてたら、ICFの概念に落ち着いたって話。 ADL能力の評価の目的と 判定基準、検査方法についてまとめてみた! 運転免許の拒否、取り消しになる症状についてまとめてみた! 何かあってからじゃ遅い! – こんな病院には行ってはいけない13のチェック項目 アドラー心理学で考える作業療法の技術について!

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP