Rehabilitation

標準高次動作性検査(SPTA)の検査項目や検査方法、点数算出や結果解釈について

 

高次脳機能障害のなかでも、特に失行といった行為の障害を検査するのに最適なのが、標準高次動作性検査(standard performance test for apraxia :SPTA)になります。
今回はこのSPTAの検査項目や検査方法、点数算出や結果解釈についてまとめてみました!

標準高次動作性検査(SPTA)とは?

標準高次動作性検査(standard performance test for apraxia :SPTA)は、高次脳機能障害による“行為の障害”が疑われる方に実施する検査です。
この行為の障害には麻痺、失調、異常運動といった運動障害、老化に伴う運動障害や知能障害、全般的精神障害や失効症との境界症状の状態把握にも有効とされています。
加えて、その行為を完了するまでの動作過程についても詳細に評価することができるようになっている検査です。

検査項目

SPTAの検査項目としては、

1.顔面動作
2.物品を使う顔面動作
3.上肢(片手)習慣的動作
4.上肢(片手)手指構成模倣
5.上肢(両手)客体のない動作
6.上肢(片手)連続的動作
7.上肢・着衣動作
8.上肢・物品を使う動作
9.上肢・系列的動作
10.下肢・物品を使う動作
11.上肢・描画(自発)
12.上肢・描画(模倣)
13.積木テスト
…の13項目で構成されています。

以下にそれぞれ詳細の下位検査項目について解説します。

1.顔面動作

この検査によって「口腔顔面失行」を評価することができます。

①舌を出す
②舌打ち
③咳

2.物品を使う顔面動作

この検査項目でも、「口腔顔面失行」を評価することができます。

・火を吹き消す

3.上肢(片手)慣習的動作

この検査では、「観念運動失行」を評価することができます。

①軍隊の敬礼(右)
②おいでおいで(右)
③じゃんけんのチョキ(右)
④軍隊の敬礼(左)
⑤おいでおいで(左)
⑥じゃんけんのチョキ(左)

4.上肢(片手)手指構成模倣

この検査でも、「観念運動失行」を評価することができます。

①ルリアのあご手
②ⅠⅢⅣ指輪(ring)
③ⅠⅤ指輪(ring)(移送)

5.上肢(両手)客体のない動作

この検査でも「観念運動失行」を評価することができます。

①8の字
②蝶
③グーパー交互テスト

6.上肢(片手)連続的動作

・ルリアの屈曲指輪と伸展こぶし

7.上肢・着衣動作

この検査では「着衣失行」を評価することができます。

・着る

8.上肢・物品を使う動作

(1)上肢・物品を使う動作(物品なし)

この検査では、「観念運動失行」を評価することができます。

①歯を磨くまね(右)
②髪をとかすまね(右)
③鋸で木を切るまね(右)
④金槌で釘を打つまね(右)
⑤歯を磨くまね(左)
⑥髪をとかすまね(左)
⑦鋸で木を切るまね(左)
⑧金槌で釘を打つまね(左)

(2)上肢・物品を使う動作(物品あり)

この検査では、「観念失行」を評価することができます。

①歯を磨く(右)
②櫛で髪をとかす(右)
③鋸で板を切る(右)
④金槌で釘を打つ(右)
⑤歯を磨く(左)
⑥櫛で髪をとかす(左)
⑦鋸で板を切る(左)
⑧金槌で釘を打つ(左)

9.上肢・系列的動作

この検査では、上肢の「観念失行」を評価することができます。

①お茶を入れて飲む
②ローソクに火をつける

10.下肢・物品を使う動作

この検査では、下肢による「観念失行」を評価することができます。

①ボールをける(右)
②ボールをける(左)

11.上肢・描画(自発)

この検査では、「構成失行」を評価することができます。

①三角をかく
②日の丸の旗をかく

12.上肢・描画(模倣)

この検査でも「構成失行」を評価することができます。


13.積木テスト

この検査でも「構成失行」を評価することができます。

次ページ:スクリーニング・テスト用項目について

sponsored Link
ページ:

1

2 3
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP