胸棘筋(きょうきょくきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

棘筋は脊柱起立筋内側柱に位置する背部の筋で、3つの区分(胸棘筋(背側)・頚棘筋・まれに頭半棘筋と融合している半頚棘筋)からできています。
そこで今回はこの胸棘筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

胸棘筋の起始・停止について

胸棘筋の起始、停止ですが…

  • 起始:第10胸椎棘突起~第2腰椎棘突起(Th10~L2)
  • 停止:第2~第9胸椎棘突起(Th2~Th9)

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

胸棘筋は、第10胸椎棘突起~第2腰椎棘突起(Th10~L2)を起始とし、起始腱は胸最長筋と癒着します。

停止

第2~第9胸椎棘突起(Th2~Th9)に停止し、その停止腱は半棘筋と癒着します。

胸棘筋の支配神経について

胸棘筋の支配神経は…

脊髄神経後枝の内側枝

…となります。

胸棘筋への血液供給動脈について

胸棘筋へ血液供給している動脈は…

後肋間動脈

…となります。

胸棘筋の主な働き

胸棘筋は、主に、

・頭部の後屈と側屈
・脊柱の後屈と側屈
胸棘筋は両側が作用するときは脊柱を反らせ、肋骨を引き下げる働きをします。
また、片側のみが作用すれば体をその側にまげる働きをします。

触診

棘筋は仙棘筋が内側で連続しているため、見分けるのが困難とされています。

胸棘筋を英語で何て言う?

Spinalis thoracis muscle

胸棘筋をラテン語で何て言う?

M.spinalis thoracis

読み方

スパイナリス
タイトルとURLをコピーしました