ヒラメ筋(ひらめきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

ヒラメ筋は脚の後区画の浅層筋で、下腿三頭筋をつくる筋肉のうちのひとつになります。
今回はこのヒラメ筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

ヒラメ筋の起始・停止について

ヒラメ筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:腓骨体(柄)の頭の後面と上部1/3、並びに隣接する脛骨後面内側
  • 停止:踵骨後面

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

ヒラメ筋は、腓骨頭腓骨後面、脛骨のヒラメ筋線と内側縁、およびこの両起始の間に張る腱弓から起こり、下って幅の広い厚い腱板をつくります。

停止

ヒラメ筋は、腓腹筋の腱板と合して“踵骨腱(アキレス腱)”となります。
踵の上ではやや細く、断面は前方にくぼむ半月状で、次に広がって踵骨隆起後面の中部に付着(停止)します。

ヒラメ筋の神経支配について

ヒラメ筋の神経支配は…

脛骨神経(L4~S2)

…となります。

ヒラメ筋への血液供給動脈について

ヒラメ筋への血液供給動脈は…

  • 腓腹動脈
  • 後脛骨動脈

…があげられます。

ヒラメ筋の主な働き

ヒラメ筋は主に、

・足関節の底屈(同時に軽度内反)
…の作用にはたらきます。
直立のときは下腿を後に引いて支える機能も担います。

ヒラメ筋を英語で何て言う?

soleus muscle

ヒラメ筋をラテン語で何て言う?

M.soleus

読み方・発音

ソウリアス
タイトルとURLをコピーしました