社会生活における必要な適応技能を検査する方法として、“S-M社会生活能力検査(social maturity scale)”があげられます。
そこで今回は、『S-M社会生活能力検査(social maturity scale)の目的や特徴、質問事項や対象領域』についてまとめてみました。

S-M社会生活能力検査(social maturity scale)とは?

“S-M社会生活能力検査(social maturity scale)”は、対象者の適応技能を検査する方法の一つになります。

目的について

S-M社会生活能力検査の目的は、

基本的な社会生活能力の程度を、日常生活の具体的な場面における行動から、相対的に簡便にとらえること
…とされており、知的障害や発達障害などの特徴をもつ対象者への指導の手がかりにすることとされています。

これは、

社会生活能力=自立と社会参加に必要な生活への適応能力
…と定義している背景からなります。

特徴について

S-M社会生活能力検査の特徴についてですが、

・検査者は対象者を直接検査するのではなく、対象者の日常生活の様子や状態を把握している保護者、もしくは担任教師などが回答する。
・回答結果をもとに社会生活年齢(SA)と社会生活指数(SQ)が算出することが可能。
・社会生活年齢(SA)はそれぞれの領域別に求めることが可能。
・プロフィール欄へ領域別SAを描くことで、子どもの社会生活能力の特徴を視覚的に捉えることが可能。
…などがあげられます。

対象年齢、適用範囲について

S-M社会生活能力検査の適用対象範囲についてですが、

乳幼児 ~ 中学生
とされています。

実施時間について

概ね20分程度とされています。

質問事項について

質問項目は発達年齢段階ごとに分かれていて、129項目で構成されています。

評価対象領域について

S-M社会生活能力検査(第3版)は、以下の6つの社会生活能力から構成されています。

・身辺自立:SH(Self Help)
・移動:L(Locomotion)
・作業:O(occupation)
・コミュニケーション:C(Communication)
・集団参加:S(Socialization)
・自己統制:SD(Self-Direction)
以下にそれぞれの項目別でまとめてみます。

身辺自立:SH(Self Help)

衣服の着脱、食事、排せつといった身辺自立に関する能力

移動:L(Locomotion)

自分の行きたい場所へ移動するための能力

作業:O(occupation)

道具の扱いなどの作業遂行に関する能力

コミュニケーション:C(Communication)

ことばや文字などによるコミュニケーション能力

集団参加:S(Socialization)

社会生活への参加の具合を示す能力

自己統制:SD(Self-Direction)

わがままを抑え、自己の行動を責任を持って目的に方向づける能力

まとめ

知的障害や発達障害を有する対象者にとって、与えられた環境のなかでどういう生活の適応力を持っているのかを客観的に把握する評価は、
その後の指導や支援プログラム立案に重要な役割を果たします。
“S-M社会生活能力検査”のような方法で、どのような支援をすることが対象者にとって必要かを明確にすることが作業療法士にとっても重要なことなんだと思うんです。

作業療法士は語りたい!

対象者ができること、できないことを明確にし、
できないならどういう支援が的確か?と把握することが評価として必要なことなんでしょうね!
その環境によっても障害の扱われ方は変わってくるから、
対象者個人をみるよりは、その環境下に置かれた対象者の行動をみることが重要なんだろうね!