一昨年くらいから“睡眠の質”なんて言葉が一般的になってきたように、非常に“睡眠”という生活行為の重要性が高まってきているように思えます。
作業療法士というリハビリテーション医療に関わる者としては、非常にこの分野には興味があるので、調べてみました!

そもそも“睡眠”とは?




睡眠の定義としては、

眠ること、すなわち、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことである

…とされています。

睡眠の特徴について

この睡眠の特徴とは…

・体の動きが止まる
・外的刺激に対しての反応が低下している
・意識を失っているが簡単に目覚める状態
…となります。

昏睡や病的な意識消失との違いは“簡単に目覚める状態”かどうか?になるだろうね!

理想の睡眠時間について




その人が朝型か夜型かによっても、理想の睡眠時間はまちまちで個人差はありますが、
様々な睡眠時間による調査では、健康や長寿のために必要な睡眠時間は7時間といわれています。
もちろん、同じ7時間でも睡眠時無呼吸症候群の方のように質の低い睡眠だったらそれは問題になります。
良質な睡眠を前提としての7時間睡眠…ということになるでしょうね!

睡眠障害の種類について




では、睡眠障害といわれるものはどのようなものがあるのでしょうか?
睡眠障害国際分類第2版(ICSD-2)によると、

Ⅰ.不眠症
Ⅱ.睡眠関連呼吸障害
Ⅲ.中枢性過眠症
Ⅳ.概日リズム睡眠障害
Ⅴ.睡眠時随伴症
Ⅵ.睡眠関連運動障害
Ⅶ.孤発性の諸症状,正常範囲と思われる異型症状,未解決の諸問題
Ⅷ.その他の睡眠障害
…に分類されます。

作業療法士はどう睡眠障害に関わるか?




睡眠障害に作業療法士が関わるとして、どのような関わり方があるかを考えてみました。

・睡眠に関しての評価、検査
・睡眠環境の調整
・自律神経へのアプローチ
・運動療法的アプローチ
・精神療法的アプローチ
・睡眠衛生指導
・認知行動療法
…ざっくりと列挙するとこんな感じでしょうかね?

睡眠に関しての評価、検査




どんな障害に対しても、治療的な介入の前にしっかりと検査や評価を行う必要があります。
もちろんそれは睡眠障害についても同じになります。

その評価も、睡眠時の気流の状態や血中の酸素飽和度、脳波や心電図といったものから、
生活における質問票による評価など様々です。
そういう点では、非常に包括的かつ多角的な評価を要すると考えていいのかもしれませんね!

睡眠環境の調整




クライアント本人を取り囲む寝室や寝具といった環境にもアプローチが必要です。
枕の高さやベッドマットの硬さ、寝具の色、寝室の照明機器や香りなんかがあげられますね!

自律神経へのアプローチ




睡眠障害には自律神経の不調が大きく関わる場合があります。
この自律神経へのアプローチも睡眠障害の改善には必要なことなんだと思います。
自律神経の不調への介入としては、ボディコンディショニングやストレッチといったフィジカル面への介入の他、
音楽やアロマを利用した感覚面への介入も効果としては期待できます。
その他に、自立訓練法の指導などもあるでしょうね!

運動療法的アプローチ




生活習慣病や精神疾患にも運動療法が有効であると示唆されていることから、睡眠障害にも運動療法による効果は期待できます。

精神療法的アプローチ




睡眠障害の背景にストレスやうつ病が潜んでいる場合には、カウンセリングといった精神療法のアプローチも有効になります。

睡眠衛生指導




睡眠って毎日の習慣によって左右される場合があるため、どのような生活習慣が必要で、避けるべき習慣はなんなのかといった睡眠衛生指導も重要になってきます。

認知行動療法




不眠といった睡眠障害に対しての認知行動療法も一定の効果があることが多くの報告からわかっています。

まとめ

“睡眠”って行為は他のADLと同等に必要不可欠な行為です。
また睡眠障害というとイメージ的に精神科領域な印象も受けますが、身体障害領域でも、地域リハの領域でも関わる可能性がある問題だと思います。
作業療法士が持つ知識や技術といったものを、睡眠障害に対して還元することって非常に有益なんだと思うんですよね!

作業療法士は語りたい!

作業療法士の職域拡大の観点からも、
この睡眠障害に対しての治療プログラムは確立する必要があるだろうね!
不眠や睡眠時無呼吸症候群といった問題は、いまや社会的な問題化していますからね!
sponsored Link