サイトリンク検索ボックスの機能とかメリットとかを調べてみたけどいまいちわからん件

Blog運営

Googleでキーワード検索をしていると、検索結果そのものにそのブログやウェブサイトを対象とした検索ボックスが表示されることがあります。
これは“サイトリンク検索ボックス”と呼ばれるものですがいまいちよくわかっていません(勉強不足)。
そこで今回は、「結局はこんなことかな?」という自分なりの解釈も含めてまとめてみます。

サイトリンク検索ボックスとは?

サイトリンク検索ボックスとは…

ブランドワードなどのキーワードでGoogle検索した際表示される検索ボックス

…を言います。

サイトリンク検索ボックスのメリット

ではサイトリンク検索ボックスが表示されることで得られるメリットとはどのようなものがあげられるでしょうか?
主に…

  • 検索結果が目立つ
  • ユーザーが使いやすくなる

…などがあげられます。

検索結果が目立つ

画像のように、対象のサイトのカテゴリーの上部に検索ボックスが表示され、非常に目立つことがわかります。
検索結果の表示を目立たせることは、自分のブログに流入者数を増やすことと同義とも言えます。

ユーザーが使いやすくなる

なによりも閲覧するユーザーが求める答え、ページに辿りやすくなります。
これからのブログはいかにユーザーが簡単に、閲覧しやすく、求める答えにたどり着けることができるか?というユーザーエクスペリメント(UX)の視点が重要になります。
そのための一つとして、このサイトリンク検索ボックスが機能すると考えてよいと思います。

Google Search Consoleでのサイトリンク検索ボックス

では、Google Search Consoleではサイトリンク検索ボックスについてはどのように表示されるのでしょうか?

サイトリンク検索ボックスの項目をクリックすると…

  • エラー
  • 有効(警告あり)
  • 有効

…があります。
それぞれ詳しく解説します。

エラー


エラーの項目内でのクエスチョンマークにマウスカーソルを合わせると次のようなメッセージが表示されます。

構造化データに重大なエラーがあるため、これらのリッチリザルトをGoogleで処理できません。
ここには警告が出されることもありますが、この警告は下記の表でのみカウントされ、グラフではカウントされません。

つまり該当するページはリッチリザルトがGoogle側で処理できないので表示できない…ということです。

自分の管理しているブログやウェブサイトを確認すると、いまのところエラー対象ページはないようなのでよいですが…。

有効(警告あり)


ここでは…

このリッチリザルトには、欠落しているまたは無効な、重大または必須ではない項目がありますが、重大なエラーはありません。
警告の出ているリッチリザルトは検索結果には表示されますが、一部のリッチリザルト機能の対象にはならないことがあります。

…というメッセージが表示されます。

さきほどのエラーまではいかないものの、100%リッチリザルト機能の対象としては扱われないぞ…ってことと解釈しています。
信号機で言えば黄色、サッカーで言えばイエローカードでしょうね。

有効

このリッチリザルトにエラーはありません。
オプション項目は全て表示され、有効です。

…というメッセージが表示されます。

リッチリザルト機能として問題なく表示される…ということになります。
でもなんでこの記事で有効になっているんだろう…とまだその理由がわかっていません(泣)

サイトリンク検索ボックスの設置は大規模サイト向き?

よりユーザーが検索しやすくなり、求めるページにたどり着きやすくなるためのツールとしてサイトリンク検索ボックスは機能しますが、考えるに、これって非常に大規模サイト向きの機能かなと思います。

多くの小規模、中規模ブログは…

  • 記事数やコンテンツ量が万単位ではない
  • そもそもオーガニック検索のみでヒットし流入する
  • ブランドネームで検索され流入されることが少ない

…などの理由があげられます。

Googleの検索結果に表示されるサイトリンク検索ボックスよりも、サイトやブログ内に設置した検索ボックスを機能させるほうが効率的かもしれませんね。

まとめ

サイトリンク検索ボックスを機能させるプロセスって、掘り下げて行けばパンくずリストやリッチリザルト機能といったそのブログそのものを構造化し見やすくすることにつながるんですよね。
まずはその構造化する作業を優先して、結果としてサイトリンク検索ボックスが機能する…ってイメージで今は落ち着いています。

まだまだこの機能についてはわからない、理解していない部分が多いですね。
引き続き勉強する必要があるね(泣)
ご指摘がありましたら、Twitterまでご連絡ください
タイトルとURLをコピーしました