Rehabilitation

髭剃り動作をサポートしてくれる自助具や福祉用具、便利グッズについて

 

整容動作の一つで特に男性には必須な“髭剃り”ですが、高齢者や障害を有している人にとっては難しい動作だったりします。
怪我をする心配もあることなどからできれば安全な方法で行いたいですし、ましてや毎日行うものなので人に頼むのもちょっと気を使う…という声を多く聞かれます。
そこで今回は髭剃り動作をサポートしてくれる自助具や福祉用具、便利グッズなどをご紹介します。

万能カフ

髭剃りや電気シェーバー自体を把持して持ち上げにくい場合には、こういった万能カフを使用して把持する動作をサポートすることもできます。

髭剃りテンプレート

髭をきれいに整えるための“櫛”になります。
おしゃれで髭を伸ばしたい…けど手入れをするのが難しい、という場合にはこんな髭剃り用のテンプレートを使用するのもいいかもしれません。

ポケット髭剃り for iPhone

iPhoneのLightning端子に接続するだけでシェーバーになるというこの“ポケット髭剃り for iPhon”。
小型だし、軽量だし、持ち運びが簡単というメリットがあります。

Gillette Heated Razor

カミソリメーカーである“ジレット”が発表した刃先を温めるヒーター付き髭剃り。
髭剃り準備段階の一つである蒸しタオルを使って肌を温めるという工程をフォローする機能が搭載しているカミソリと言えます。
現在はまだ開発段階のようですが、商品化すると髭剃りの福祉用具としても応用できそうです!

まとめ

髭剃りに使用する電気シェーバーもカミソリも、安全で使いやすいものだけでなく、掃除がしやすい、切れ味が損なわれにくいといった機能も求められるかと思います。
自助具や福祉用具というフィルターを通すことで、もっと使いやすい商品ってできるんだと思うんですけどね!

作業療法士は語りたい!

髭剃りに対しての自助具や福祉用具って、調べてもあまりないような気がするね。
髭剃りは片手でできる動作だから、把持して顔までリーチができれば一先ずは可能なんでしょうけど、
より多くの人が安全に使いやすいものを追求することって重要でしょうね!
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP