下後鋸筋(かこうきょきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

下後鋸筋は胸部と腰部の結合部位に位置し、呼気の間、肋骨を下制する広背筋の深層に位置する薄い筋肉です。
今回はこの下後鋸筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

 

下後鋸筋の起始・停止について

下後鋸筋の起始、停止についてですが、

  • 起始:胸椎および腰椎の浅板
  • 停止:肋骨

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

下後鋸筋は第12胸椎~第3腰椎の棘突起と近くの胸腰筋膜から起こります。

停止

第9~12肋骨の外側部の下縁に付着(停止)します。

下後鋸筋の支配神経について

下後鋸筋の支配神経は…

肋間神経(T9~T12)

…があげられます。

下後鋸筋への血液供給動脈について

下後鋸筋へ血液供給している動脈は…

肋間動脈

…となります。

下後鋸筋の主な働き

下後鋸筋は主に、

肋骨を内下方へと引く
…作用に働きます。
肋骨を内下方へと引く働きに作用するとともに、息を吐くときに下部の肋骨(下位肋骨には横隔膜が内側に張り付いています)を引き下げ、胸郭を狭めることで呼吸を補助する機能も担います。

下後鋸筋を英語で何て言う?

Serratus posterior inferior muscle

下後鋸筋をラテン語で何て言う?

M.serratus posterior inferior

読み方

セレタス・ポスティアリア・インフィアリア・マッスル
タイトルとURLをコピーしました