ここ最近、女性だけではなく最近は男性も冷え性で悩む方が多いのがこの“冷え性”。
手足が冷えてなかなか寝付けず、その結果慢性的に調子がわるい…。
そこで今回は冷え性をリハビリするということで、その原因と改善のためのポイントをご紹介します!

冷え性の原因


冬の季節などで気温が低いから手足が冷える、というものではなく気温にほぼ関係なく慢性的に手足が冷える状態を“冷え性”と呼びます。
その冷え性の原因はもちろん、体の中から起こされるものです。

自律神経の乱れ


強いストレスや不規則な生活によって自律神経が不調を起こし、結果体温調整がうまくいかなくなります。

皮膚感覚の乱れ


きつい下着や靴などで強く圧迫をすると、その部分の血行が悪くなり皮膚の感覚麻痺を起すことがあります。
このことから皮膚自身が「寒い」と感じにくくなってしまし、体温調整の命令が伝わりにくくなってしまいます。

血液循環の悪化


冷え性は血液循環の不良から起こされるものでもあります。
本来手足など末端で冷やされてしまった血液は心臓に戻るにつれて温めなおされて再度体全体に循環するのですが、この血液循環のシステムがうまく働かないと、手足に温かい血液が戻りにくくなってしまうのです。
このことから、貧血や低血圧の方に冷え性が多いとされます。

筋肉量が少ない、筋肉が働きにくい


筋肉は一定の張力を持つことでポンプのような働きをし、血液循環をよくすることができます。
一般的に女性に冷え性が多いのはこの筋肉量が男性と比べると少ないことが原因とされています。
しかし、筋肉量があってもその筋肉が凝り固まった硬い筋肉の場合は、ポンプの働きをしにくくなるので冷え性につながることが多いようです。

女性ホルモンの乱れ


ストレスが多かったり更年期になると女性ホルモンの分泌が乱れ、血行不良を招く場合があります。

冷え性対策、改善方法について

では、実際にこういった原因から現れる冷え性にはどのように対処したらよいのでしょうか?
いくつかの改善方法をご紹介します。

1.生活習慣の見直し


「生活習慣の乱れは自律神経の乱れ、自律習慣の乱れは血行の乱れ」というように、きちんと生活習慣を改善することが冷え性対策の最優先の方法です。
しっかり朝食をとり、十分な睡眠をとることで自律神経の乱れを起こしにくくすることができます。

2.白湯をゆっくり飲む


最も手軽に安価でできる方法が「白湯」です!
「適切な水分摂取」「腸を温めること」は自律神経の不調の改善につながるからです。

ゆっくりと一口ずつ飲むと効果的ですし、冷え性の症状がひどい方にはトイレの度に白湯を1杯飲むのがお勧めです!
生姜茶なども体が温まるのでいいかもしれませんね!

3.ビタミンEの摂取


ビタミンEには、手足など末端の血行障害を改善するはたらきがあります。
からだの隅々にまで血液を行き渡らせる効果にすぐれているビタミンです。
また、ビタミンEにはホルモン分泌を調整する作用もあるので、自律神経の乱れの改善にも効果的です。

まとめ

冬が風邪をひきやすい季節である理由に、もちろん空気が乾燥していることもありますが、なにより『身体が冷えて免疫力が落ちてしまうから』という理由が一番しっくりくるような印象を受けます。
足やお腹を温め、少しでも免疫力を高める工夫をする必要がありますね!

作業療法士は語りたい!

冷えは万病の元なんていいますからね。
健康支援という観点からも、自律神経や冷え性にはしっかり対応する必要があるからね!