Muscle

半腱様筋(はんけんようきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

半腱様筋はハムストリング筋のひとつで、大腿部後区画の筋肉になります。
今回はこの半腱様筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

半腱様筋の起始・停止について

半腱様筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:坐骨結節
  • 停止:脛骨粗面内側

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

半腱様筋は、大腿二頭筋長頭の起始の内側で坐骨結節から起こる細長い筋で、その下半は長い腱となり、膝窩の内側に沿って下内方に走ります。

停止

脛骨粗面の内側で薄筋の停止の後下方に広がって付着(停止)します。

鵞足について

半腱様筋は薄筋ならびに縫工筋とともに“鵞足”をつくります。
この鵞足はランニングやスポーツによって炎症を起こしやすい部位になります。

ハムストリングについて

半腱様筋・大腿二頭筋半膜様筋の3つの下腿後面にある筋をまとめてハムストリングと呼びます。

半腱様筋の支配神経について

半腱様筋の支配神経は…

脛骨神経(L4~S2)

…となります。

半腱様筋への血液供給動脈について

半腱様筋へ血液供給している動脈は…

  • 大腿深動脈
  • 下殿動脈

…となります。

半腱様筋の主な働き

半腱様筋は主に、

・膝関節の屈曲
・股関節の伸展
…の作用に働きます。

つまり、大腿を伸展するとともに、膝関節をまげる機能を担います。
大腿を固定するときは骨盤を直立させます。
そのほか、大腿の内転、下腿の内旋の機能も担います。

半腱様筋を英語で何て言う?

Semitendinosus muscle

半腱様筋をラテン語で何て言う?

M.semitendinosus

読み方・発音

セミテンディノウサス
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP