Muscle

胸半棘筋(きょうはんきょくきん)- 起始停止・

 

胸半棘筋は横突起と棘突起の間に位置する背部の一連の筋肉で、そのため背部の横突棘筋とよばれる亜群に分類されます。
今回は胸半棘筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

 

胸半棘筋の起始・停止

胸半棘筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:第7~12胸椎横突起
  • 停止:第6頸椎~第4胸椎棘突起

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

胸半棘筋は、6つまたは7つの上位胸椎の横突起尖端、第7頸椎、およびその上の3つの頚の関節突起から起こります

停止

胸半棘筋は、後頭骨の上項線と下項線との間に付着(停止)します

胸半棘筋の神経支配

脊椎神経後枝の内側枝

胸半棘筋への血液供給

深頚動脈(肋頚動脈の枝)
後頭動脈の下行枝

胸半棘筋の主な働き

胸半棘筋は主に、

頭部と脊柱の後屈
頭部と脊柱の側屈
頭部と脊柱の反対側への回旋
…となります。

胸半棘筋の片側がはたらけば脊柱をその側にまげ、対側に回します。
両側が働けばこれを後ろに反らせます。
長い筋束ほどまげる作用が強く、短いものほど回す作用がはっきりしています。

半棘筋について

半棘筋は胸半棘筋(背側)、頚半棘筋頭半棘筋外側束、頭半棘筋筋内側束に分けられます。

胸半棘筋を英語で何て言う?

Semispinalis thoracis muscle

胸半棘筋をラテン語で何て言う?

M.semispinalis thoracis

読み方

セミスパイナリス
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP