Muscle

中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

中斜角筋は頸部の筋肉で、外側脊椎領域としても分類されます。
今回はこの中斜角筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

中斜角筋の起始・停止について

中斜角筋の起始、停止については次のようになります。

  • 起始:第2~第7頸椎(C2~C7)の横突起後結節・軸椎
  • 停止:第1肋骨(上面に広く及ぶ)

以下に詳しく解説します。

起始

中斜角筋は第2~第7頸椎(C2~C7)の横突起後結節から起こり、斜めに前外方に向かいます。

停止

第1肋骨の鎖骨下動脈溝の後ろに付着(停止)します。
*まれに、第2・3肋骨に停止するケースもあるようです。

中斜角筋の支配神経について

中斜角筋の支配神経は…

頸神経前枝(C2~C8)

中斜角筋への血液供給動脈について

中斜角筋へ血液供給している動脈は…

上行頚動脈

…となります。

中斜角筋の主な働き

中斜角筋は前斜角筋、後斜角筋とともに、、

・肋骨を引き上げて胸郭を広げる
…ことで、吸息筋としての作用に働きます。

また、従属的な機能になりますが、肋骨の固定時には頸椎を前方に傾け、片側だけ働けばこれをその側に曲げる機能も担います。

中斜角筋を英語で何て言う?

Scalenus medius muscle

中斜角筋をラテン語で何て言う?

M.scalenus medius

読み方・発音

スカーリナス ミーディアス
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP