Muscle

縫工筋(ほうこうきん)- 起始停止・

 

縫工筋は下肢の近位にある筋肉で、身体で最も長い筋肉になります。
縫工筋は鵞足を構成する3つの筋(縫工筋・浅筋および半腱様筋)のひとつです。
今回はこの縫工筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

縫工筋の起始・停止について

縫工筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:上前腸骨棘
  • 停止:脛骨粗面

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

縫工筋は長い筋状の筋で、上前腸骨棘から起こり、斜めに下内方へ向かいます。

停止

大腿骨内側上顆の後を回り扁平な腱となり、脛骨粗面の内側に固く停止します。

縫工筋の神経支配

縫工筋の支配神経ですが、

大腿神経(L2~L3)
…となります。

縫工筋への血液供給動脈について

・大腿深動脈
・下行膝動脈の伏在枝

縫工筋の主な働き

縫工筋は主に、

・股関節の屈曲
・股関節の外旋
・股関節の外転
・膝関節を屈曲(+内側へ回転)
…の機能に働きます。

膝関節に関しての機能ですが、大腿四頭筋として強力して膝を伸ばした位置に固定します。

縫工筋を英語で何て言う?

Sartorius muscle

縫工筋をラテン語で何て言う?

M.sartorius

読み方・発音

サートゥーリアス
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP