Google Search Consoleの削除ツールの使用方法やタイミングについて

Blog運営

ブログを運営していると、中には検索されたくない記事だったり、検索されても意味がないページがでてきます。
実際、こちら側がその記事を削除しても、しばらくは検索結果一覧ページに表示されていたりと、一度公開したページの情報はしばらく時間が経過しないと消えないようです。
そこで今回はGoogle Search Consoleの機能の一つでもある“削除ツール”について勉強したのでアウトプットしつつ解説します。

削除ツールとは

削除ツールとは…

Googleの検索結果からページ情報を削除するためのGoogle Search Consoleの機能

…になります。

いつ、どんな時に利用するか?

ではこのURL削除ツールはどんな時に利用するのでしょうか? ウェブサイトやブログを運営する上で“あるある”なケースとしては次のような場合かと。

  • 同じサーバー上にテストサイトがある場合
  • フォームの確認ページやサンクスページ
  • サイト内検索の結果

こういったページはGoogleの検索対象としての必要性は低く、また重複を起こしやすくなると言われています。

また、場合によっては個人情報や機密情報などを間違って公開やアップロードしてしまう…なんてこともあるかもしれません。

URL削除ツールの使い方

Google Search ConsoleのURL削除ツールには、次の3つの機能があります。

  • 一時的な削除
  • 古いコンテンツ
  • セーフサーチフィルタリング

以下に詳しく解説します。

一時的な削除

自分のブログのURLがGoogle検索結果に表示されるのを一時的にブロックするためにはこの“一時的な削除”を利用する必要があります。

手順

ここでの手順としては次の通りになります。

インデックスの削除項目をクリック

一時的な削除のページを表示する

新しいリクエストをクリック

新しいリクエストページを表示

削除対象のURLを入力

ちなみにここで表示されている各選択項目について簡単に解説を加えておきます。

  • URLを一時的に削除する:Google検索の結果からURLを約6か月間ブロックし、現在のスニペットとキャッシュされたバージョンだけを消去する場合に選択します
  • キャッシュされたURLを消去する:Google検索の結果にURLを残す場合に選択します
スニペットとは、meta descriptionや本文から抽出した内容を部分のことです!
  • このURLのみを削除:特定のURLのみブロックする場合に選択します
  • このプレフィックスで始まるURLを削除:指定したプレフィックスで始まるすべての URLをブロックする場合に選択します
プレフィックスとは、接頭辞、前につける、などの意味の語です。
リクエストを送信をクリック

完全に削除する方法

いくら削除ツールで表示したくないページを削除しても、それはあくまで約6か月の一時的なものです。
Googleなどの検索エンジンからコンテンツそのもの、もしくはURLを完全に削除する方法としては次のとおりになります。

コンテンツそのものの削除
コンテンツへのアクセスのブロック
noindexメタタグの使用

以下に簡単に説明します。

コンテンツそのものの削除

ブログで使用した画像やページ、ディレクトリといったコンテンツそのものを削除または更新します。
そうすることで、訪問者は「このページはみつかりません」のページにたどり着くことになります。
いわゆる“HTTPステータス コード404(見つかりません)”や“410(削除されました)”です。

ちなみにPDFといったHTML形式以外のファイルはサーバーから完全に削除する必要があるようです。

コンテンツへのアクセスのブロック

そのページを閲覧するためには、パスワードを必要とする…といった力技とも言える方法です(笑)

noindexメタタグの使用

HTML文書の“head”要素内にに「content=“noindex”」という属性を持つ“meta”要素を記述することで、そのページのインデックスを拒否することができます。
ただし、この方法は他の方法よりも安全性が低いようです。

ちなみに“robots.txt”を使用する…という方法もあるようですが、Googleの公式からはこの方法は避けるようにしてくださいと指示があったのでNGな方法かもしれません!

削除ツールを使うべきではないケース

閲覧されたくないページやコンテンツをブロックする削除ツールですが、これを使用すべきではないケースもあるようです。

主なケースとしては…

  • 古いページのURLを削除する場合
  • クロールエラーで検出されたURLを削除する場合
  • URLを統一する場合
  • ドメインがスパム判定を受けている場合

…があげられます。
以下に詳しく解説します。

古いページのURLを削除する場合

基本的にブログから削除した古いページのURLを削除する場合は、特に削除ツールを使う必要はありません。
理由としては、Googleのクローラーは存在しないページを見つけると、自然に検索結果から削除するからです。

ただし、このクローラーの巡回を待たずにすぐに検索結果からの削除を早めたいという場合は、削除ツールの代わりに“古いコンテンツ”の削除ツールからリクエストをする必要があります。

クロールエラーで検出されたURLを削除する場合

Google Search Consoleの“クロールエラー”で検出されたページを削除する場合も、特に削除ツールを使用する必要はありません。
これも理由としては、上述したとおりになります。

URLを統一する場合

“https://otpress.info”と“https://www.otpress.info”はどちらも同じブログにアクセスできますが、実は検索エンジンにとっては別物と認識されます。
このURLの統一のために削除ツールを用いることはNGとされています。
正しい対処方法としてはGoogle公式の『重複した URL を統合する』を参照にしてください。

ドメイン自体がスパム判定を受けている場合

何かしらの原因で、ブログの検索結果の上位にほとんど表示されなくなった場合は、Googleからドメイン自体がスパム判定を受けている可能性があります。
その場合リセット目的で削除ツールを使用するのでは、根本の解決になりません。
きちんとペナルティを受けているページやコンテンツを修正い、その上で再審査リクエストを行う必要があります。

まとめ

ブログを運営していると、意図してもせずとも検索にヒットしてほしくないコンテンツが出てきます。
SEOを考える際にも、この削除ツールを必要なタイミングで使用することが重要と言えます!

以前著作権の関係でNGになった記事を大量に削除した際に、
記事そのもの削除だけでなく、この削除ツールをもっと有効活用すればよかったと反省しているよ。
実際にその状況に陥らないと、使わないツールかもしれませんからね。
タイトルとURLをコピーしました