Rehabilitation

Relocation test(Fowler’s test)- 肩関節不安定性の評価・肩関節のインピンジメントの診断方法

 

肩関節不安定性への徒手的な検査方法のひとつとして“Relocation test”があげられます。

本記事では、このRelocation testの目的や方法、診断学的有用性について解説します。

想定読者としては…

  • 作業療法士(整形領域)
  • 理学療法士
  • 柔道整復師

…になっています。

Relocation test(Fowler’s test)とは?

Relocation test(Fowler’s test)とは、

肩甲上腕関節の前方不安定性の評価

…の徒手検査法の一つになります。

目的

Relocation testの目的としては、

肩関節のインピンジメントの診断

…とされています。

Relocation testの検査方法

ここではRelocation testの検査方法について解説します。

検査の流れとしては次の通りになります。

  1. 肩関節90度外転位、肘関節90度屈曲位にする
  2. 検者は手関節を把持して肘を支える
  3. ゆっくりと肩関節を90度まで外旋させる
  4. 上腕骨頭に対し手掌で前方から後方へ力を加える
  5. 痛みや不安感が減少するかどうか確認する

以下に詳しく解説します。

1.肩関節90度外転位、肘関節90度屈曲位にする


被験者は背臥位の姿勢になります。
そして、肩関節90度外転位肘関節90度屈曲位の肢位になります。

2.検者は手関節を把持して肘を支える

検者は被験者の手関節を把持して肘を支えるようにします。
この段階でも被験者に痛みや不安感がないかどうか確認します。

3.ゆっくりと肩関節を90度まで外旋させる

ゆっくりと肩関節を外旋させます。
被験者が不安感や痛みを訴えたら外旋をやめます。

4.上腕骨頭に対し手掌で前方から後方へ力を加える

被験者が不安感や痛みを訴えその位置で上腕骨頭に対し手掌で前方から後方へ力を加え、不安感が消失するか確認します。

5.痛みや不安感が減少するかどうか確認する

痛みや不安感が減少または消失すれば陽性となります。

Relocation testの診断学的有用性

Relocation testにおける診断学的有用性については次の通りになります。

著者 信頼性 感度 特異度 陽性尤度比 陰性尤度比
van Kampen DA,et al(2013) NR 96.7 78 4.36 0.04
Farber AJ,et al(2006) 痛み NR 30 90 3.02 0.77
不安感 NR 81 92 10.35 0.2
Lo lk,et al(2004) 痛み NR 40.00 42.65 0.7 1.41
不安感 NR 31.49 100.00 0.69
痛みまたは不安感 NR 45.83 54.35 1.00 1.00

まとめ

本記事では、肩関節の不安定性の診断に有効なRelocation testについて解説しました。

Relocation testは…

  • 肩甲上腕関節の前方不安定性の評価に用いられる
  • 肩関節のインピンジメントの診断を目的としている
  • 注意点としては、被験者の痛み、不安感への訴えや様子をしっかりと把握すること

作業療法士は語りたい!

Apprehension testとの違いは、“4.上腕骨頭に対し手掌で前方から後方へ力を加える”の点だね
両方合わせて覚えておく必要がありますね!
肩関節拘縮の評価と運動療法 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ)

肩関節拘縮の評価と運動療法 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ)

赤羽根良和(さとう整形外科病院)
5,832円(11/17 14:26時点)
発売日: 2013/06/15
Amazonの情報を掲載しています
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP