Rehab

  1. 片麻痺だけでなく腱鞘炎にも?マウスボタンを左右交換するとメリットだらけな件

    意外に知られていないのですが、マウスのボタンって左右交換できるんですよ! 片麻痺や指の欠損といった場合どうしてもマウスの操作、クリック操作に制限ができてしまいますが、マウスのクリックボタンの左右を交換設定すると解決する場合があります。 また、パソコン操作を仕事にしている人の腱鞘炎対策にも効果的なので、今回まとめてみました!

  2. 不随意運動や失調症状が強い場合は、マウスポインタの速度調整で解決!

    パーキンソン病や小脳系疾患、アテトーゼ性脳性麻痺による上肢の振戦や不随意運動がある人がパソコンを使用…

  3. Windowsの音声操作は重度身体障害者に応用できるんじゃないか?って話

    これからはパソコンや様々なデバイスで音声操作が一般的になると言われています。 音声操作といえば、SiriやGoogleの音声操作が有名ですが、実はWindowsだってVista時代からアクセシビリティ機能として音声操作機能が搭載されていたんです! そこで今回は「Windowsの音声操作は重度身体障害者への応用」について! これ、重度の身体障害者の方にとっては非常に有効な手段だと思うんです!

  4. 上肢機能障害でもパソコン操作が可能に!スクリーンキーボードについて

    パソコンを使用する時にはキーボードが必須ですが、その障害によっては「キーボードまで手が届かない」、「キーをうまく押すことができない」といった事態が生じます。 そんなときはWindowsの標準アクセシビリティ機能であるスクリーンキーボードの機能が有効かもしれません!

  5. 不随意運動でうまくタイピングできない時にはWindowsのフィルタキーがおすすめ!

    不随意運動がある人がパソコンを使用する際、キーボード入力をしてもすぐにキーを話すことができないから連続して入力されてしまう…なんて場合があるようです。 また誤って違うキーを押してしまい誤入力ばかりになってしまい時間がかかる…という問題もあるようです。 そんなときはwindowsの標準アクセシビリティ機能であるフィルタキーを使用するとよいかもしれません!

  6. 2つのキーを同時に押すことが難しい時は、固定キー機能がおすすめ!

  7. Windowsのナレーター機能はいろんな意味で惜しい件。

  8. 高齢者にも適応!視覚障害で画面が見えにくい時のハイコントラスト設定について!

  9. 「画面に近づいて」はNG? 視覚障害のパソコン操作には拡大鏡を試すべし!

  10. 作業療法士が覚えておきたいコンピュータアクセシビリティ(Windows)まとめ

転職に困ったら…

Sponsored Link
PAGE TOP