Rehabilitation

レーブン色彩マトリックス検査の目的や理由、教示方法と平均点、カットオフ値について

 

レーブン色彩マトリックス検査ってどちらかというとST(言語聴覚士)による検査…のイメージですが、作業療法士も知っておくことでとても有益な情報を得ることができます。
そこで今回は、「レーブン色彩マトリックス検査の目的や理由、教示方法と平均点、カットオフ値」についてまとめてみました!

レーブン色彩マトリックス検査とは?


レーブン色彩マトリックス検査(RCPM:Raven’s Colored Progressive Materices)はイギリスの心理学者である“John C. Raven”によって開発された知的機能検査です。
簡単に検査実施ができること、短時間で可能なこと、採点や分析も行いやすい点からもスクリーニング検査として有用となります。

開発の経緯について

開発の経緯としては、スピアマンの一般知能g因子を測定するために開発されたようです。

対象

45歳以上の方を対象にしています。

所要時間

概ね、10~15分程度と言われています。

特徴

レーブン色彩マトリックス検査の問題は36問で構成されておりどれも言語でのやりとりを必要とせずに答えられる検査になっています。
また、前述したようにこの検査自体が簡単、かつ短時間で実施することができるため、被験者に過度な負担をかけることなく知的機能…特に推理能力を測定することができます。

また文化背景に影響されない点も特徴としてあげられます。

目的や理由について

つまり、レーブン色彩マトリックス検査を実施する目的、理由としては、

・被験者が失語症のため他の認知機能検査が実施できないから
・知的機能の中でも“視空間知覚能力”と“類推能力”とに基づく非言語的知能を検査するため
・加齢によって影響を受けやすい非言語性、流動性の知的能力を検査するため
…などがあげられます。

*非言語性の知的機能検査としてコース立方体検査もあります!

次ページ:レーブン色彩マトリックス検査のセットについて

sponsored Link
ページ:

1

2
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP