リハビリテーション評価

レーブン色彩マトリックス検査の目的や理由、教示方法と平均点、カットオフ値について

 

レーブン色彩マトリックス検査ってどちらかというとST(言語聴覚士)による検査…のイメージですが、作業療法士も知っておくことでとても有益な情報を得ることができます。
そこで今回は、「レーブン色彩マトリックス検査の目的や理由、教示方法と平均点、カットオフ値」についてまとめてみました!

レーブン色彩マトリックス検査とは?


レーブン色彩マトリックス検査(RCPM:Raven’s Colored Progressive Materices)はイギリスの心理学者である“John C. Raven”によって開発された知的機能検査です。
簡単に検査実施ができること、短時間で可能なこと、採点や分析も行いやすい点からもスクリーニング検査として有用となります。

開発の経緯について

開発の経緯としては、スピアマンの一般知能g因子を測定するために開発されたようです。

対象

45歳以上の方を対象にしています。

所要時間

概ね、10~15分程度と言われています。

特徴

レーブン色彩マトリックス検査の問題は36問で構成されておりどれも言語でのやりとりを必要とせずに答えられる検査になっています。
また、前述したようにこの検査自体が簡単、かつ短時間で実施することができるため、被験者に過度な負担をかけることなく知的機能…特に推理能力を測定することができます。

また文化背景に影響されない点も特徴としてあげられます。

目的や理由について

つまり、レーブン色彩マトリックス検査を実施する目的、理由としては、

・被験者が失語症のため他の認知機能検査が実施できないから
・知的機能の中でも“視空間知覚能力”と“類推能力”とに基づく非言語的知能を検査するため
・加齢によって影響を受けやすい非言語性、流動性の知的能力を検査するため
…などがあげられます。

*非言語性の知的機能検査としてコース立方体検査もあります!

レーブン色彩マトリックス検査のセットについて

レーブン色彩マトリックス検査はA~Cの3セットに区分されます。
各セットと検査上求められる能力としては…

セットA:連続した模様の同一性と変化についての理解
セットB:個々の図の空間的に関連している全体としての理解
セットC:空間的にあるいは論理的に関連している図の相似の変化についての理解
…となります。

教示方法ややり方について

レーブン色彩マトリックス検査は、標準図案の欠如部に合致するものを6つの選択図案の中から1つだけ被検者に選ばせる…というやり方の検査です。
検査でもA1の検査はデモンストレーション的に行うのですが、以下のような教示の方法になります。

「(上方の図を指して)これを見てください。」
「穴が空いていて、一部が白くなっています。(下方に並んでいる6つの図形を順次指して)これらは白い部分を埋める“形”としては正しいのですが、こられの中のひとつだけが正しい模様です。
1番は正しい形ですが、正しい模様ではありません。2番は何も模様がありません。3番は違います。6番はほぼ正しいのですが、(白い部分を指して)ここが違います。ひとつだけが正しいのですが、正しいものを指してください」

このような教示方法で検査方法が理解できるまで説明を続けます。
被験者が理解できたら、問題2(A2)を提示して、

「それでは、この模様が完成するように、正しいものを指してください」

基本的な教示の方法はこのようなものになります。

レーブン色彩マトリックス検査の点数結果について

年齢群別の平均得点

年齢 平均得点 標準偏差
45~49歳 34.0点 2.030
50~59歳 34.2点 2.127
60~69歳 29.2点 5.398
70~79歳 26.9点 5.396
80~89歳 24.9点 5.273

カットオフ値について

レーブン色彩マトリックス検査において、24点以下の場合は知能低下ありと判断されます。

リハビリの様々な検査のカットオフ値についての記事一覧はこちら

まとめ

クライアントによっては失語症によって言語的コミュニケーションが困難で、従来の検査方法を示指できない場合があります。
そういった場合にも対処できるように、様々な種類の検査の特徴は、作業療法士としても把握しておくべきかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

STがいる病院や施設だと、レーブン色彩マトリックス検査はSTにまかせっきりになっちゃうかもしれませんね!
ただ、やっぱり作業療法士もあまりこの検査を使わないから知らない…ではクライアントの症状や障害への支援に繋がりにくくなってしまうと思うんだよね!
STとの共通言語…という観点からも、把握しておく必要はありますね!
 

おすすめ記事

軽いうつ病を発見!SRQ-D検査の方法、点数解釈とカットオフについて! 骨盤の歪みが原因の8つの病気・症状について!
脳卒中急性期の評価法である“Canadian Neurological Scale”についてまとめ! 関わり方に迷った時こそ、アドラー心理学から作業療法を考える。 理想の職業生活を送るために必要な3つの要素とは?

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP