アクティビティ

ラジオ体操による4つのリハビリ効果がすごかった!

 

ラジオ体操って小学生の夏休みの朝にしたっきり…という方、多いのではないでしょうか?
実はこのラジオ体操、効率的に筋肉を動かしダイエット効果も高く、かつ高齢者の方でも安全に行える方法として見直されているようです。
そこで今回は、このラジオ体操によるリハビリ効果を考えてみました。

ラジオ体操の歴史


このラジオ体操は1928年(昭和3年)11月1日の朝7時に東京中央放送局から初めて放送が行われたようです。
その2年後の7月に東京神田和泉町で「ラジオ体操の会(子供の早起き大会)」としてはじまったことをきっかけに「夏休みの朝はラジオ体操を行う」という慣例が生まれたとされています。

本当はすごい?ラジオ体操


ラジオ体操を習慣化している60歳以上の約500人と同世代の全国平均値を比べたところ、ラジオ体操愛好者は、血管年齢が若く、肺機能も優れ、骨密度も高く、やや肥満気味の人でも筋肉量が多くて歩行能力が高かった。
高齢になると栄養不足の人が増えるのだが、体操で食欲が向上するため栄養バランスもよかったという。
引用:ラジオ体操 全身400の筋肉動かす長寿大国ニッポンの「秘密兵器」

単発的にちょっと行うだけじゃなく、“習慣化”して続けることが大事なようです!

ラジオ体操はどの筋肉に効果的?



ラジオ体操は「ここの筋肉に効果的」と限定的ではなく、全身の骨格筋を効率よく使用するようにできているため、3分十数秒の長さで400種類以上の筋肉をまんべんなく動かすことになるようです!

ラジオ体操で消費されるカロリーについて



そのラジオ体操で消費されるカロリーですが、第1、第2での約6分30秒程度の時間で約30キロカロリーを消費することになるようです。
これは速いペースのウォーキングに匹敵するカロリー消費量といえます。

ラジオ体操でもたらされるリハビリ効果

ラジオ体操はその内容から全身をまんべんなく動かし、ダイエット効果が高い方法ということはご理解できたと思いますが、
ダイエット以外にもこんなリハビリ効果が期待できるようです!

1.偏頭痛の改善



全身の血行が改善されることで肩こりが軽減し、その結果長く悩まされていた慢性的な片頭痛も改善した…という報告が多く聞かれているようです。
痛みがQOLを下げる大きな要因であることは周知の事実ですので、そのような観点からのリハビリテーションとしての効果が高いと考えられます。

2.便秘解消



全身をくまなく動かすことで、内臓のコンディションも整い、便秘の改善にもつながるようです!
入院中の患者さんは運動不足による便秘になりやすかったりしますからね。

3.冷え性改善



ラジオ体操を行うことで、血流やリンパの循環が改善されます。
その結果新陳代謝が向上し冷え性の改善にもなるようです!

4.足のむくみ改善



下肢の筋肉も鍛えられるので、その結果むくみ解消と予防にもなります!

高齢者にも安心なラジオ体操




これだけ長い歴史があるラジオ体操ですから、もちろん高齢の方にも浸透している方法と言えます。
新しい運動や方法になかなか取り掛かれない傾向が強い高齢の方にも、ラジオ体操でしたら自然と継続して行えるため、高齢者医療や福祉の分野でも改めて見直されているようです!

おすすめラジオ体操グッズ

ラジオ体操DVD



ラジオ体操第1はわかるけど、それ以降ってどんなの?って方にはおすすめです!

実はスゴイ! 大人のラジオ体操



近年、ラジオ体操が見直されるきっかけになった教本です。

まとめ

高齢の方はもちろん、多くの方がこのラジオ体操は経験があると思います。
運動する習慣をつけるよう指導したいけど、どんなメニューがよいか?なんて悩んでいる作業療法士の方にとっては、このラジオ体操をメニューとして取り入れてみるのもひとつかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

なによりラジオ体操の成功要因って、音楽に合わせてきちんと流れが成り立っていることなんだと思うんだ。
テンポの良いリズムに合わせて体操を行うって点も、参考にできそうですよね!
 

おすすめ記事

就労移行支援の内容と、サービスを受けるメリット・デメリットについて考えてみた。 両立支援に当たっての5つの注意事項について! 老研式活動能力指標の特徴と目的、検査方法やカットオフ値について ドラッグ操作が難しいならクリックロックを使うべし! FIMの運動項目の種類や採点方法、基準について

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP