カントの名言・格言 – 自分を律することの重要性についての言葉

Quote

ドイツの哲学者である“カント”は、『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表した人物としても知られています。
そこで本記事では、このカントの名言や格言についてご紹介します。

カントとは?

  • イマヌエル・カント(Immanuel Kant、1724年4月22日 – 1804年2月12日)
  • ドイツの哲学者であり、ケーニヒスベルク大学の哲学教授
  • 発表した三批判書より、批判哲学を提唱したことで、認識論における「コペルニクス的転回」をもたらした人物

カントの名言・格言

ここでは、哲学者“カント”の名言や格言についてご紹介します。

崇高なものは我々を感動させ、美しいものは我々を魅了する。
森は夜崇高であり、昼美しい。

教育は人間に課すことのできる最も大きい、難しい問題である。

哲学は学べない。
学べるのは哲学することだけである。

We cannot learn philosophy. We can only learn to philosophize.

努力によって得られる習慣だけが善である。

真面目に恋をする男は、恋人の前では困惑したり拙劣であり、愛嬌もろくにないものである。

苦悩は活動への拍車である。
そして活動の中にのみ我々は我々の生命を感じる。

民主政治は専制政体と変わらない。
なぜならば、民主政治とは全員がひとりの意志を無視し、時にはこれに逆らって議決し得る。
という全員ならぬ全員が議決し得る執行権を認めるからである。

1.私は何を知りうるか。
2.私は何を為すべきか。
3.私は何を望むのがよいか。
4.人間とは何か。 

第一の問いに答えるのは形而上学であり、第二の問いには道徳、第三の問いには宗教、第四の問いには人間学が答える。
結局これらすべては人間学に含ませてよいであろう。

なぜなら最初の三つの問いは最後の問いに関連しているからだ。

1) What can I know?
2) What ought I to do?
3) What may I hope?
4) What is man? The first question is answered by metaphysics, the second by morality, the third by religion, and the fourth by anthropology.
At bottom all this could be reckoned to be anthropology, because the first three questions are related to the last.

内容のない思考は空虚であり、概念のない直観は盲目である。

Thoughts without content are empty, intuitions without concepts are blind.

暗黒のなかでは、我々の想像力は明るい光におけるよりもたくましく働くのを常とする。

すべての知識は経験に基づく。

That all our knowledge begins with experience there can be no doubt.

法律においては、他人の権利を侵害する時には罰せられる。
道徳においては、侵害しようと考えるだけで罪である。

In law a man is guilty when he violates the rights of others. In ethics he is guilty if he only thinks of doing so.

あらゆる事物は価値を持っているが、人間は尊厳を有している。
人間は決して目的のための手段にされてはならない。

徳にとってまず要求されることは、自己自身を支配することである。

あらゆる宗教は道徳をその前提とする。

人間はすべて、文明が進めば進むほど俳優になっていく。
つまり、人間は他人に対する尊敬と好意、典雅と無私の風を装うが、それにたぶらかされる人はいない。

真の人間性に最もよく調和する愉しみは、よき仲間との愉しい食事である。

動物に対して残酷な人は、人間関係においても容赦ない。
我々は動物の扱い方によって、その人の心を判断することができる。

He who is cruel to animals becomes hard also in his dealings with men. We can judge the heart of a man by his treatment of animals.

我々は光のもとで暗闇を、幸福のもとで悲惨を、満足のもとで苦痛を思い起こすことはまれである。
しかし、その逆はいつもである。

我が行いを見習えと、誰にでも言い得るよう行為せよ。

科学とは体系化された知識で、知恵とは整理された生活である。

Science is organized knowledge. Wisdom is organized life.

美には客観的な原理はない。

高慢な人は常に心の底では卑劣である。

互いに自由を妨げない範囲において、我が自由を拡張すること、これが自由の法則である。

天才は生得の心の素質であり、これによって自然は芸術に規則を与える。

友情関係は同等関係である。

笑いは消化を助ける。胃散よりはるかに効く。

宗教とは、我々の義務のすべてを神の命令とみなすことである。

Religion is the recognition of all our duties as divine commands.

愛とは感性に属する事柄であって、意欲に属する事柄ではない。
だから、欲したからといって愛せるわけではないし、ましてや愛さねばと思ったから愛せるわけでもない。

最も平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。

酒は口を軽快にする。だが、酒はさらに心を打ち明けさせる。こうして酒はひとつの道徳的性質、つまり心の率直さを運ぶ物質である。

人が財産を使うに際しては、慎重さとためらいとがある。
それは善行ではないし、手腕も能力も必要とはしない。

自由とは、すべての特権を有効に発揮させる特権である。

何度も繰り返し長い時間をかけて考えれば考えるほど、いつも新たな、いよいよ強い感嘆と畏敬とで心をみたすものが二つある。
私の上なる星空と私の内なる道徳法則とである。

Two things fill the mind with ever-increasing wonder and awe, the more often and the more intensely the mind of thought is drawn to them: the starry heavens above me and the moral law within me.

善行はこれを他人に施すものではない。
これをもって自分自身の義務を済ますのである。

我は孤独である。
我は自由である。
我は我みずからの王である。

人は人によりてのみ人となり得べし、人より教育の結果を取り除けば無とならん。

セラピストは語りたい!

規則正しい性格だったカントだからこそ、自分を律することの重要性についての言葉が多くみられますね。
街の人がカントの毎日散歩する時間に合わせて、時計の針を直していた…なんてエピソードがあるくらいだからね(笑)
カント 未成熟な人間のための思想:想像力の哲学

カント 未成熟な人間のための思想:想像力の哲学

永守 伸年
4,950円(07/12 22:30時点)
発売日: 2019/09/20
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました