Muscle

足底方形筋(そくていほうけいきん)- 起始停止・

 

足底方形筋は足の筋肉の2番目の筋走の筋肉になります。
今回はこの足底方形筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

足底方形筋の起始・停止について

足底方形筋の起始、停止についてですが次のようになります。

  • 起始:踵骨・長足底靭帯
  • 停止:長趾屈筋腱

以下に詳しく解説します。

起始

足底方形筋の起始についてですが、外側頭と内側頭でそれぞれ異なります。

  • 外側頭:踵骨(外側突起遠位の外側縁、足底面)・長足底靭帯(外側縁)
  • 内側縁:踵骨(内側凹面と内側突起の前方部分)・長足底靭帯(内側縁)

足底方形筋は、短趾屈筋に被われ踵骨隆起の内側突起と外側突起とから起こり、2頭が合して長方形の扁平筋となり前方へ走行します。

停止

足底方形筋は、長趾屈筋の腱として外側縁に付着(停止)します。

足底方形筋の神経支配

足底方形筋の支配神経ですが、

外側足底神経(S1.S2)
…になります。
(文献によっては、脛骨神経、外側足底枝との記載もあります)

足底方形筋への血液供給動脈について

・外側足底動脈

足底方形筋の主な働き

足底方形筋は主に、

長趾屈筋の働きを助け、指を曲げる
…機能に働きます。

足底方形筋を英語で何て言う?

quadratus plantae

足底方形筋をラテン語で何て言う?

M.quadratus plantae

読み方・発音

クアドラタス プランティー
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP