大腿方形筋(だいたいほうけいきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

大腿方形筋は股関節の外旋筋で、下双子筋大内転筋上縁との間に位置する扁平な四角形の筋です。
また、殿部の筋として分類されます。
今回はこの大腿方形筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

大腿方形筋の起始・停止について

大腿方形筋の起始,停止についてですが…

  • 起始:坐骨結節
  • 停止:転子間稜

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

大腿方形筋は、坐骨結節の外側の前部から起こり、外方に向かいます。

停止

大腿骨の大転子の下部と転子間稜に付着(停止)します。

大腿方形筋の神経支配について

大腿方形筋の神経支配は…

仙骨神経叢(L4-S2)

…があげられます。

大腿方形筋への血液供給動脈について

大腿方形筋へ血液供給している動脈は…

下殿動脈

…となります。

大腿方形筋の主な働き

大腿方形筋は主に、

・股関節の外旋
・股関節の内転
…の作用に働きます。
また、大腿方形筋の上方にある梨状筋には大腿を外転する働きがあります。

大腿方形筋を英語で何て言う?

Quadratus femoris muscle

大腿方形筋をラテン語で何て言う?

M.quadratus femoris

読み方・発音

クワドラタス フェモリス
タイトルとURLをコピーしました