内側翼突筋(ないそくよくとつきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

内側翼突筋は咀嚼の浅層筋のひとつになります。
今回はこの内側翼突筋の起始、停止や支配神経、基本的な働き、そして触診について解説します。

内側翼突筋の起始・停止について

内側翼突筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:蝶形骨の翼状突起後面の翼突窩外側板
  • 停止:下顎角内面の翼突筋粗面

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

内側翼突筋は、前筋の下内側で翼状突起後面の翼突窩と、これに接する上顎骨の一部と翼状突起外側板の下端から起こり、後外方に走ります。

停止

内側翼突筋の停止は、下顎角内面の翼突筋粗面になります。

内側翼突筋の支配神経

内側翼突筋の支配神経は…

下顎神経の枝である内側翼突筋神経

…になります。
この内側翼突筋神経は、内側面から筋に入るのが特徴といえます。

内側翼突筋への血液供給動脈について

内側翼突筋へ血液を供給している動脈は主に…

顎動脈翼突筋枝

…となります。

内側翼突筋の主な働き

内側翼突筋は主に、

・下顎骨を拳上して歯を噛み合わせる
・食べたものをすり潰す働き
…の作用に働きます。
また、顎の側方移動で外側翼突筋を補助する働きも担います。

内側翼突筋の触診について

内側翼突筋は口腔内から前縁を触診することができますが、
顎関節の異常がある場合、内側翼突筋の緊張が触診できるので注意が必要です。

内側翼突筋を英語で何て言う?

Medial pterygoid muscle

内側翼突筋をラテン語で何て言う?

M.pterygoideus medialis

読み方・発音

テリゴイド
タイトルとURLをコピーしました