Muscle

外側翼突筋(がいそくよくとつきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

外側翼突筋は咀嚼の浅層筋のひとつになります。
そこで今回は外側翼突筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

外側翼突筋の起始・停止について

外側翼突筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:側頭骨の側頭下稜、蝶形骨翼状突起外側板
  • 停止:下顎骨の翼突筋窩

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

外側翼突筋の起始は、上部、下部の部位別に分けて説明できます。

上部は側頭骨の側頭下稜から起こり、下部は翼状突起外側板から起こります。
筋の走行はほぼ水平に後外方に向かって集まります。

停止

下顎頚にある翼突筋窩のほか、顎関節円板ないし関節包に付着(停止)します

外側翼突筋の支配神経について

外側翼突筋の支配神経は…

下顎神経外側翼突筋神経

…になります。

外側翼突筋への血液供給動脈について

外側翼突筋へ血液供給している動脈は…

頚動脈(翼突筋枝)

…となります。

外側翼突筋の主な働き

外側翼突筋は主に、

・下顎頭を前方に引く
・片側が働けば、下顎骨の前部は対側に動く
・両側が働けば下顎骨全体が前方に動き、あるいは両側の下顎頭が前方に動いて開口する
…の作用に働きます。
咀嚼筋のひとつでもあるため、咀嚼の機能を担います。

外側翼突筋を英語で何て言う?

lateral pterygoid muscle

外側翼突筋をラテン語で何て言う?

M.pterygoideus lateralis

読み方・発音

ラテラル テリゴイド
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP