Muscle

大腰筋(だいようきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

大腰筋は、下肢近位の腸骨部の筋肉になります。
腸骨筋と一体になることがあり、ひとつの筋肉(腸腰筋)とみなされることもあります。
そこで今回はこの大腰筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します!

大腰筋の起始・停止について

大腰筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:第12胸椎~第4腰椎の椎体側面及び椎間円板の側面、第1~第5腰椎の肋骨突起
  • 停止:大腿骨の小転子

…となります。
以下に詳しく解説されます。

起始

大腰筋は、浅深2頭あって、浅頭は第12胸椎~第4腰椎の椎体と椎間円板から起こり、深頭はすべての腰椎の肋骨突起と第12肋骨から起こります。
両頭は筋の外側縁で癒合し下外方に走ります。

停止

大腰筋の2頭は合して鼡径靭帯の下の筋裂孔をへて大腿前面に下り、大腿骨の小転子に停止します。

大腰筋の支配神経について

大腰筋の支配神経ですが…

腰神経叢と大腿神経の枝(L1~L4)

…となります。

大腰筋への血液供給動脈について

大腰筋へ血液供給している動脈は…

腸腰動脈(腰枝)

…となります。

大腰筋の主な働き

大腰筋は主に、

股関節の屈曲
…の作用に働いています。

つまり大腿骨を前に上げる(屈曲)働きに作用します。
またわずかに外旋作用も備わっています。
下肢を固定するときは骨盤を前にまげ、大腰筋・小腰筋は腰椎部を前と外側にまげます。

大腰筋を英語で何て言う?

Psoas major muscle

大腰筋をラテン語で何て言う?

M. psoas major

読み方

sóuəs 

ソウアス
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP