Muscle

梨状筋(りじょうきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

梨状筋は股関節の外旋筋のひとつであり、股関節の外転、伸展を担う筋になります。
そこで今回はこの梨状筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

梨状筋の起始・停止について

梨状筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:S1,S2,S3およびS4前仙骨孔の間の仙骨の前面
  • 停止:大転子の先端の後縁

…となります。
以下に詳細について解説します。

起始

梨状筋は仙骨の前面で第1~第4仙骨孔をはさんで起こり、筋束は外下方に向かって集まりながら大坐骨孔を通り、骨盤の外に出て中臀筋の下縁に並びます。

停止

梨状筋は大転子の先端…つまり上端の後縁に付着(停止)します。

梨状筋の支配神経について

梨状筋の支配神経ですが…

脊髄神経(L5~S2)

…になります。

梨状筋への血液供給動脈について

梨状筋へ血液供給している動脈は…

  • 上殿動脈
  • 下殿動脈

…となります。

梨状筋の主な働き

梨状筋は主に、

①股関節の外旋
②股関節の外転
③股関節の伸展
④股関節の安定化の補助
…の機能に働きます。

また上方にある梨状筋には大腿を外転する働きもありますが、反対に下方にある大腿方形筋は内転に働きます。

梨状筋を英語で何て言う?

Piriformis muscle

梨状筋をラテン語で何て言う?

M.piriformis

読み方

パイリフォーミス マッスル
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP