Muscle

短腓骨筋(たんひこつきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

短腓骨筋は脚の外側区画の筋肉です。
今回はこの短腓骨筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

短腓骨筋の起始・停止について

短腓骨筋の起始,停止についてですが、次のようになります。

  • 起始:腓骨(外側面の遠位2/3)・筋間中隔
  • 停止:第5中足骨(足底の外側面にある第5中足骨粗面)

以下に詳しく解説します。

起始

短腓骨筋は、長腓骨筋に被われてその起始の下方と前方で、腓骨外側面前下腿筋間中隔から起こります。
次第に長腓骨筋の前に移って腱となり、外果の後ではその上に出て、ともに上・下腓骨筋支帯の下を通ります。

停止

短腓骨筋は第5中足骨粗面に付着(停止)します。

短腓骨筋の支配神経について

短腓骨筋の支配神経は…

浅腓骨神経(L4~S1)

…があげられます。

短腓骨筋への血液供給動脈について

短腓骨筋へ血液供給している動脈は…

腓骨動脈

…となります。

短腓骨筋の主な働き

短腓骨筋は主に、

・足関節の底屈
・足関節の外反
…の作用に働きます。

また、足を固定すれば下腿を後方に傾ける機能も担います。

短腓骨筋を英語で何て言う?

Peroneus brevis muscle

短腓骨筋をラテン語で何て言う?

M.peroneus brevis

読み方・発音

ペロウニーアス ブレヴィス

その他

・短腓骨筋は足背に停止しますが、足の屈伸軸の後を通るので、足を底屈する作用があります。

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP