Muscle

口輪筋(こうりんきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

口輪筋は口を取り巻く多層の筋肉で構成されていて、主に顔の表情を作る筋肉です。
今回はこの口輪筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

口輪筋の起始・停止について

口輪筋の起始、停止は…

  • 起始:他の表情筋の複合繊維、一部の固有繊維
  • 停止:口唇周囲の皮膚

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

口輪筋の起始についてですが、口輪筋は口裂をとりまく筋なので、口唇の中にあることは明らかです。
その構造故に、周囲の表情筋(小頬骨筋大頬骨筋笑筋上唇挙筋下唇下制筋)と交錯して起こっているのが特徴です。
口角部ではこれらの筋束が交錯して停止し結節状をなしています。

また、一部は上顎骨、下顎骨から起こっているという見解もあります。

停止

口輪筋の停止についてですが、括約筋様の筋肉は、口角、皮膚の下でX字形に交差して付着(停止)しています。

口輪筋は部位別で停止部が異なる?

また、口輪筋は以下の3つの部位に分けることができ、筋の停止部はそれぞれ微妙に異なります。

  • a)上顎:上顎外側切歯の歯槽突起
  • b)下顎:下顎外側切歯の歯槽突起
  • c)鼻部:鼻中隔

口輪筋の支配神経について

口輪筋の支配神経は…

顔面神経(頬筋枝と下顎縁枝)

…となります。

口輪筋への血液供給動脈について

口輪筋へ血液供給している動脈は…

  • 上唇動脈
  • 下唇動脈

…があげられます。

口輪筋の主な働き

口輪筋の主な働きとしては、

・中心部の筋束は口を軽く閉じる働き
・周辺部の筋束は強く閉じたり、さらにまた口を尖らせる働き(例:口笛)
…があげられます。

口輪筋を英語で何て言う?

orbicularis oris

口輪筋をラテン語で何て言う?

M.orbicularis oris

読み方・発音

オービキュラリス オリス
口輪筋の筋力低下や麻痺について

sponsored Link
ページ:

1

2
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP