Muscle

小趾対立筋(しょうしたいりつきん)- 起始停止・

 

小趾対立筋(短小趾対立筋)は足の3層目になる第5趾の屈筋です。
短小趾対立筋の深層にある線維で作られ、特有な筋肉として扱われることがある筋になります。
今回はこの小趾対立筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

 

趾対立筋の起始・停止について

小趾対立筋の起始、停止は次のようになります。

  • 起始:第5中足骨底・長腓骨筋の鞘
  • 停止:第5中足骨遠位半分の外側部

以下に詳しく解説します。

起始

小趾対立筋は、足根の外側部で長足底靭帯、外側筋間中隔および第5中足骨底から起こり、前外方に向かいます。
その外側の一部分が小趾対立筋になります。

停止

第5中足骨外側縁に停止します。

小趾対立筋の主な働き

第5中足骨を内側と底側に引く

小趾対立筋の神経支配

外側足底神経(S1~S2)

小趾対立筋を英語で何て言う?

Opponens digiti minimi pedis muscle

小趾対立筋をラテン語で何て言う?

M.opponens digiti minimi pedis

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP