Muscle

肩甲舌骨筋(けんこうぜっこつきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

肩甲舌骨筋は頸部の舌骨下筋で、嚥下に作用する筋肉のひとつになります。
今回は、この肩甲舌骨筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

肩甲舌骨筋の起始・停止について

肩甲舌骨筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:肩甲骨上縁
  • 停止:舌骨体下縁

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

肩甲舌骨筋は細長い二腹筋(上腹・下腹)で、下腹は上肩甲横靭帯とその内側で肩甲骨上縁から起こり、斜めに上内方に向かって細くなり、中間腱に移行します。

停止

上腹はこれにつづきやや斜めに上方に走り、舌骨帯下縁外側部に付着(停止)します。

また、全体として弓状で、胸鎖乳突筋の下でこれと交叉するのが特徴です。
中間腱は頚筋膜の気管前葉について、鎖骨に保持されます。

肩甲舌骨筋の支配神経について

肩甲舌骨筋の支配神経についてですが…

脊髄神経(C1~C3)の枝

…になります。

肩甲舌骨筋への血液供給動脈について

肩甲舌骨筋へ血液供給している動脈は主に…

  • 舌骨下動脈(上甲状腺動脈枝)
  • 舌動脈(舌骨上枝)
  • 浅頚動脈

…となります。

肩甲舌骨筋の主な働き

肩甲舌骨筋の主な働きですが、

舌骨の下制
…の作用に働きます。

補足すると、肩甲舌骨筋は舌骨を下後方に引き、同時に頸筋膜を張り、また気管前葉を介して頸動脈鞘を引き内頸静脈を広げます。

肩甲舌骨筋を英語で何て言う?

Omohyoid muscle

肩甲舌骨筋をラテン語で何て言う?

M.omohyoideus

読み方・発音

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP