Muscle

内腹斜筋(ないふくしゃきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

内腹斜筋は、内部に位置する外腹斜筋よりも薄い小さな腹部の筋です。
今回はこの内腹斜筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

 

内腹斜筋の起始・停止について

内腹斜筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:鼠径靱帯・腸骨稜・胸腰筋膜
  • 停止:第10~12肋骨下縁・腹直筋鞘・白線

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

内腹斜筋は外腹斜筋に被われて胸腰腱膜腸骨稜の中間線および鼡径靭帯の外側部から起こり、前方に向かってやや扇状に広がります。
その大部分は下外方から上内方に向いますが(後部は斜めに上前方へ)、鼡径靭帯から起こる前下部は水平ないし前下方へ走ります。

停止

後部の筋束は第10~12肋骨の下縁につきその他の大部分は腹直筋鞘外側縁の近くで腱膜となり、2枚に分かれて腹直筋鞘の前後両葉に入り白線に終わりますが、弓状線より下部では前葉だけに入ります。

内腹斜筋の支配神経について

内腹斜筋の支配神経は…

  • 肋間神経(T5~T12)
  • 腸骨下腹神経(T12~L1)
  • 腸骨鼡頚神経(L1~L2)

…となります。

内腹斜筋への血液供給動脈について

内腹斜筋へ血液供給している動脈は…

    肋間動脈
    肋下動脈

…となります。

内腹斜筋の主な働き

内腹斜筋は主に、

両側性:腹部内臓を圧迫して脊椎を屈曲する
一側性:脊椎を横にまげ、側屈し、同じ側に回転
…といった作用に働きます。

内腹斜筋を英語で何て言う?

Abdominal internal oblique muscle

内腹斜筋をラテン語で何て言う?

M.obliquus internus abdominis

読み方・発音

インターナル オブリーク
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP